杉田 えり 先生の記事

医師

杉田 えり 先生
小児科 | 新大塚こどもクリニック院長

東京女子医科大学小児科入局後、葛飾赤十字産院、東京女子医科大学母子総合医療センターNICU勤務を経て、現在、「新大塚こどもクリニック」院長。小児科専門医・指導医、周産期専門医(新生児)。

東京女子医科大学 卒
東京女子医科大学病院 小児科  母子総合医療センター(NICU)
葛飾赤十字産院
山王病院

 

■専門領域

小児科専門医
周産期専門医(新生児)
小児科学会認定小児科指導医

 

■メディア履歴

豊島区の新大塚こどもクリニック - メディカリスト 小児科専門医のインタビュー

基礎知識(4)
ニュース(4)
【医師監修】赤ちゃんが熱を出したらどうすればいい?発熱の主な原因や対処法について
【医師監修】赤ちゃんが発熱したら慌てて病院に行くという方もいるのではないでしょうか。ただでさえ、赤ちゃんの病気で発見が遅れ、治療が長引いたり、何か障害が残ったりしたらどうしようと不安になる人もいるかもしれません。今回は、赤ちゃんが発熱した場合の主な原因や発熱した時の対処法、発熱時に病院へ行かなければならないケースとその判断基準について解説します。
赤ちゃんの生活リズムとなかなか眠らない時の対処法や安眠のポイント
【医師監修】赤ちゃんが寝てばかりいたり、逆に赤ちゃんが全然寝てくれないなど、赤ちゃんの生活リズムについて気になる人も多いと思います。今回は、赤ちゃんの生活リズムの月齢別の目安、なかなか寝ないときの対処法、安眠さえるためのポイントなどについて解説します。
赤ちゃんが風邪をひいたときの対処法は? 病院へ行く判断の目安は?
【医師監修】「赤ちゃんは風邪をひかない」といったことを耳にしたことがある方もいるのではないでしょうか。しかし、ママのお腹の中で守られていた頃と違い、生まれた後の赤ちゃんは様々なウイルスや細菌にさらされるため風邪をひいてしまいます。今回は赤ちゃんの風邪について、いつ頃から風邪をひくのか、症状やいつ病院へいけばいいいかなどの気になる対処法を解説していきます。
赤ちゃんが寝てくれない!月齢に応じた生活リズムや安眠ポイントを解説!
この記事では赤ちゃんの生活リズムとなかなか眠らないときの対処法について、医師監修のもと解説します。赤ちゃんが昼夜逆転してしまい、日中は眠っていて夜は起きているという場合もあると思いますが、これは生活リズムが作られる過程で起こることなので特に心配はいりません。
赤ちゃんが熱を出したら?冷やすタイミングや受診の目安など対処法を解説
この記事では赤ちゃんの発熱について、医師監修のもと解説します。赤ちゃんは大人に比べて体温調節が未熟なため、赤ちゃんのいる部屋の中は適正な室温に調節する必要があります。また、首の周りや背中など衣類が密着しやすいところに汗をかいていないかこまめに確認することも大切です。
PICKUP