固まってませんか?授乳の前にササッとできるマッサージ【助産師監修】

母乳マッサージのイメージ

 

母乳の出が悪かったり思ったように吸ってもらえないとき、授乳姿勢の見直しとあわせておこなって欲しいのが乳輪のマッサージです。赤ちゃんが吸いやすいように柔らかくしてあげると、急にぐんぐん飲んでくれるようになる子もいます。

 

 

乳輪マッサージの手順

 

 

1.乳輪の外側に指をあて、奥に向かって圧迫します。

2.そのまま奥で指同士をゆっくりと合わせます。これを角度を変え、繰り返します。

3.1〜2の動作をゆっくりと続けていると、次第に張りがとれ、乳輪にシワができるくらい柔らかくなります。

4.乳頭に母乳がでてきたら、終わりにして直母であげましょう!

 

 

乳輪マッサージのメリットは?

①赤ちゃんが吸いつきやすくなります。

②吸い疲れを防ぎます。

③硬いままだと口がすべってしまいますが、柔らかいと深く吸いついてくれます。

④哺乳痛や傷の予防になります。

⑤哺乳量が増えます。

 

 

授乳について悩んでいるママはとても多いと思います。最近飲みが悪いな〜と感じたら、まずはこちらを試してみてください。良い方向に変化してくれたらいいですね。

 


監修者:助産師・特定非営利活動法人だっことおんぶの研究所認定  ベビーウェアリングコンシェルジュ 宮川めぐみ

2001年京都第二赤十字看護専門学校卒業、2002年国立病院東京医療センター附属東が丘看護助産学校助産学科卒業。産科病棟にて約12年間助産師として勤務し、多くの妊産婦、褥婦、新生児のケアに関わる。現在は個人で東京23区内で新生児訪問、母乳育児相談を中心に母子のケアに携わる。

 

※ベビーウェアリングコンシェルジュとは、親子ともに安全で快適な抱っこやおんぶを指導します。素手だけでなく、各種道具(子守帯)を使っても実現できるように指導できる技術を有しており、専門の教育を受けた者です。世界中には60以上のベビーウェアリング・スクールが開設されています。日本ではだっことおんぶの研究所が主催する養成講座のみがベビーウェアリング・スクールとしてカウントされています。

 

 

専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児中に見ておきたい動画
もっと見る
あわせて読みたい記事
もっと見る