わが家の歯磨き大作戦!

6

ママ手作りのシールとカレンダー。歯磨きできたら「ぺったん」作戦♪

息子(もうすぐ3才)の場合・・案の定歯磨きを嫌がっていました。(^_^;)歯磨きをしても、仕上げ磨きを嫌がったり。正直言って苦痛でした。(>_<)
パソコンで子供の好きなキャラクター(トーマス)を一杯使ったカレンダーを作り(四角いマスに日付を入れた物です。)、それに合わせてシール(トーマス)も作りました。シールは市販のA4サイズの物を買い、カレンダーの日付の部分に貼れる大きさの物を作りました。
シールはちゃんと歯磨きできたら私が子供に渡し、子供は歯磨きした日付の上にシールを貼って行きます。こでが抜群に効果があり、今ではシールが貼りたいために自分から歯磨きすると言ってきます。歯磨きしないでお布団に入った時も『…☆太郎!歯磨きしてないよぅっ!』と言って起き出します。最初は、毎日一枚しか貼れないシールを『もっと貼るぅぅぅぅ』っとだだをこねる時もありましたが、何とか誤魔化して今では『今日はここ?』と順番に貼ってるシールの当日を指差して聞いてきます。
そもそも始めたきっかけは(恥ずかしいのですが・・)私がルーズで歯磨きをさせない日が多かったので、カレンダーにして付けていけば自分のルーズさが目に見えてわかると思ったからです。私も歯が丈夫なほうではないので、子供にはしっかり歯磨きをさせないとって常に思っていました。結果!一石二兆でした(^^)v(澤村さん/3歳の男の子)

 

 

歯医者さんで「むし歯って大変なんだ!」と教えてもらいました

教え方が下手だったのか、長男6才、長女が3才の時、歯磨きはまだまだの状態。そして、とうとうむし歯予備軍を発見!しかし、何故か子供達は初歯医者にウキウキしながら行きました。
治療に通う間、歯の模型を見せてもらい、歯がポロッと外れて、「むし歯になると歯がなくなるんだよぉ」とか、ドリルの付いた器具に興味を持つと「むし歯がひどくなると、コレで削るんだよ」と説明してもらったりとむし歯になるとどんなに大変か子供に教えてくれました。かわいい看護婦さんで、子供達はへぇ~と目をきらきらしながら聞いていました。結局、痛い思いをせずに治療は終わったのですが、むし歯がひどくなったら大変ということがわかったらしく歯磨きをきちんとするようになりました。治療の最後には、フッ素をしました。(山本さん/7歳男の子・4歳女の子・0歳男の子の3人兄弟)

 

 

キャラクターや歌で楽しく歯磨き!

我家ではしまじろうと一緒に歯磨きトレーニングをしました。もうすぐ4歳になるので今ではすっかり子供が自分で磨いていますが、2歳位から嫌がるようになったのでしまじろうの歯磨きビデオを見せたりNHKの「いないいないばぁ」での歯磨きの歌を一緒に歌ったりして習慣付けてました。子供が好きなキャラクターと一緒だと子供もやる気になるみたい。それでも駄目なら歌でご機嫌をとる!気分が乗っているとうちでは率先してやってくれましたよ。(小林さん/4歳女の子)

 

 

歯医者さんに教えてもらった「押さえつけるのは逆効果」

我が子も歯磨きが大嫌いでした(と言っても、今も好きではないですけど・・・)。はじめは押さえつけてやっていましたが、歯医者さんで「それは逆効果ですよ。」と教えていただいてからは、短時間での歯磨きからスタート。我慢できなくて暴れても、とりあえず歯ブラシを口の中へ入れて短時間で終了し、たくさん褒めてあげるようにしていきました。日増しに歯磨きタイムを延長していき 今では、≪おかあさんといっしょ≫の歯磨きソング♪(?)を 唄い終えるまでの時間をクリアできるようになりました。勿論、終了後にはたくさん褒めてあげています!他にも、3ヶ月に1度フッ素を歯医者へ行って塗るようにしています。 この3ヶ月に1度本格的に歯磨きをしてもらいフッ素・・・というのも影響していると思います。(鈴木さん/1歳男の子)

 

 

兄弟と「歯磨きできたらかっこいい!」と競争

まず長男の歯を私が磨く振りをします。長男をライバル視している次男は、それをみて、必ず「やって~。うーちゃんもやるぅ」と大のり気。後は「かっこいい!」とか「アバレンジャーみたい!」と誉めまくります。この方法でばっちり歯を磨かせてくれますよ。ちなみに私の膝に子供の頭を乗せて磨きます。あ、家は歯磨き粉を付けるときも「クリーム(歯磨き粉)はカッコイイ子だけつけれるね」と言いながら付けます。やせ我慢でもかっこよく磨かせてくれます。お試しあれ。(谷口さん/2歳男の子とお兄ちゃん)

 

 

みみちゃんと歯磨きしよう大作戦

1歳児の頃はシールがブームだったので、歯磨きをしたら1枚シールをあげて、冷蔵庫にはった紙(”はみがきできたよシート”と呼んでました)にはるようにしていました。シールを貼りたいがために、ご飯を食べるごとにはぶらしを 持って私のところにきました。2歳頃からはシールもすっかり飽きて、仕上げ磨きを嫌がるようになってしまいました。そこで次は”みみちゃんと歯磨きしよう大作戦” 息子には妹と思い込んでいるくまのぬいぐるみ(みみちゃん)がいるのですが、私がみみちゃんに歯磨きしてあげると、「僕も、僕も」と自分もしてほしがるようになりました。今では私が息子を磨き、息子がみみちゃんを磨いています。(細川さん/男の子2歳)

 

 

2015/07/01


この記事にいいね!しよう

いいね!
6

現在ログインしていません。

コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。