歯医者さんを探せ!治療と定期検診

5

治療と定期検診の上手な受け方

 

「歯医者さんはキライ!」という子ども。どうしたらいい?

ずらりと並ぶ治療器具、痛そうな音、消毒のニオイ・・・。子どもの歯の健康を守るためには歯科医院と関係は欠かさせないものですが、小さな子どもには慣れない環境ですよね。しかし、年齢を重ねるにつれて歯科医院に対する認識も変化していきますので、それぞれの成長段階に応じて上手に付き合っていけるよう、対応を工夫してみましょう。

 

◇3歳未満の場合

いくら「お口の病気を治してくれるところよ」と説明しても、まだまだ理解できないのがこの頃の子ども。慣れない場所に連れて行かれるとおっかなびっくりで、見知らぬ人に出会うのもドキドキしてしまいます。ましてやなじみのない歯科医院の空間は、子どもにとっては異空間。ママや先生が恐怖心を取り除こうとしても、なかなかうまくいかないことが多いですね。
泣き叫んでなかなか治療台でじっとしていられない子には、ママの了解を得たうえで、歯科衛生士さんが体を押えたり、抑制具というネットを使ったりして治療を行うこともあります。また、口を開けられない子には開口器という器具を使って口を開き、スムーズに治療を行いやすくすることもあります。先生は、子どもにやさしい言葉をかけながら治療を行いますので、ママもそばについて励ましてあげながら、見守ってあげましょう。

 

◇3~4歳の場合

自主性が芽生え、他人とのコミュニケーションもできる頃ですが、同時に自分が不快なものに対して反抗する時期でもあります。そのため、「歯医者さんはコワイ!」という認識ができてしまうと、泣き叫んでなかなか行きたがらないことも多いでしょう。家でも日頃から「イタズラすると、歯医者さんに連れて行っちゃうよ」などといって、歯科医院に対する恐怖心をあおったりしないよう注意したいですね。
子どもの歯科治療に慣れている先生は、この時期はなるべく痛みを与えない治療を選択したり、使う器具をわかりやすく説明するなど、恐怖心を与えない配慮を心がけてくれます。また、治療に協力してくれたときにはたくさんほめてもらえますが、逆にいうことを聞かないと軽くしかられてしまうことも。しかし、これも子どもとの信頼関係を築くために必要なことなのです。
ママがそばにいると、先生と1対1の信頼関係を築きにくいこともありますので、場合によっては待合室で待っているようにいわれることもあります。その際には、先生の指示に従うようにしましょう。治療が終わったあとにはがんばったことを十分ほめてあげれば、自信につながります。

 

◇5歳以上の場合

この頃には社会性も身についてきているため、歯医者さんがどんなことをしてくれるのか認識し、スムーズな治療に協力できる子が増えてきます。しかし、永久歯への生え変わりに近づくにしたがい、抜歯や注射などのメ痛いモ治療が増えていくため、「歯医者さんはコワイ」という気持ちを引きずっていると、怖さが先に立って痛い治療にパニックしてしまう子も。
もし、通っている歯科医院が子どもの扱いに慣れていないと思えたら、思い切って子ども専門の歯科医院に変えてみてもいいでしょう。子ども専門の歯科医院では、コミュニケーション方法を工夫したり、笑気ガス飲み薬を使用して痛みを感じなくさせるなど、その子にあった方法で対応してもらえます。また、治療が終わったあとには、公園など大好きな場所に連れて行き、緊張をほぐしてあげるのもひとつの手ですね。

 

 

気になるあの治療、この治療、本当に安全なの?

ずらりと並ぶ治療器具、痛そうな音、消毒のニオイ・・・。子どもの歯の健康を守るためには歯科医院と関係は欠かさせないものですが、小さな子どもには慣れない環境ですよね。しかし、年齢を重ねるにつれて歯科医院に対する認識も変化していきますので、それぞれの成長段階に応じて上手に付き合っていけるよう、対応を工夫してみましょう。

 

◇X線撮影

幼児期の子どもに問診を行っても、自分では口の中の状態をうまく説明できないもの。かといって、保護者に話を聞いても正確な情報が得られないことがあります。そのため、乳歯の段階でもX線撮影を行って、むし歯の進行具合やあごの成長を調べることもあります。
X線撮影を幼い頃から始めると、遺伝子が傷ついて将来白血病やガンを発症しやすくならないか心配される方も多いでしょう。しかし、歯科のX線撮影による白血病やガンの発症は、必要以上に短期間で数10枚撮るなどするとあるようですが、リスクがかなり低いもの。安心して受けても大丈夫です。

 

◇麻酔薬

歯科の局所麻酔に使うのは「リドカイン」という最も安全性が高い麻酔薬ですので、この薬を使うことによってショックなどの弊害が起こることはほとんどありません。
しかし術後も1~2時間は麻酔効果が残っているため、この間に唇や舌をかんでしまって口の中を傷つけてしまう子がいます。麻酔が切れると、とたんにかんだところが痛み出すこともありますが、しだいに治まっていきますので、それほど心配する必要はありません。腫れがひどい場合には、再度受診して塗り薬などを処方してもらいましょう。

 

 

むし歯になる前に~定期検診へ行こう!

歯科医院は、むし歯などのトラブルが起こってから行けばいいと思っていませんか? 歯科は病気の治療だけでなく、予防のため指導や検査を行うところでもあるのです。半年~1年に1度は定期的に通って、口の中にトラブルが起こらないようチェックしてもらうことが大切。最初は1才6ヶ月を目安に受診して、歯のみがき方から生え方まで、気がかりなことをいろいろ相談してみましょう。
また、特に大事なのが、乳歯が生え揃う3歳頃の口腔チェック。この頃にはかみ合わせもできあがりますし、むし歯になりやすい傾向もわかってくるため、必ず検査に行きたいものです。保健所や保育園、幼稚園などの集団健診でも歯科のチェックがありますが、これはスクリーニング(ふるいわけ)検査といって、大きな問題がないかだけを調べる検査です。集団健診を受けたからといって安心せず、かかりつけ医にも自主的に受診して、定期的に検査してもらうことが必要です。
かかりつけ医にしっかり見てもらえば、初期のむし歯や見えにくいところにあるむし歯も発見できますし、成長段階にあわせてあごやかみ合わせの状態などもチェックしてもらえます。また、生活習慣上の改善点も指摘してもらえますので、安心できますね。

 

 

2015/07/01


この記事にいいね!しよう

いいね!
5

現在ログインしていません。

コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。