ママのエクササイズ「アフタービクス」編

4

アフタービクスとは?

 

産後の体型を取り戻すだけでなく、早期体力回復や骨盤低筋群などの機能の回復を促すクラスです。

産後は体力が落ちていますので、アフタービクスに参加するのは早くても1ヶ月健診が終わってから。しかし、体の状態が良いのであれば、自宅で産後のエクササイズを実践するように心がけましょう。血液の循環を良くしておくと、血行が良くなり、母乳も出やすくなります。

 

 

抱っこは疲労姿勢?!

赤ちゃんを抱っこする時、どうしても骨盤が前方に出ます。これは疲労姿勢といって体に負担のかかる体勢です。猫背にもなりやすいので、腰痛、肩こりの原因にもなります。これらを改善する運動も用意しています。

 

 

どんな効果があるの?

妊娠、出産を経験して、体へのマイナートラブルを解消、または軽減する作用があります。体が元へ戻ろうとしている時期ですから、その手助けをしてあげるとお考えください。

 

 

体力に自信なし。ついていけるか不安…

産後の体ですのでハードなことはさせません。例えば、腹筋30回連続は無理だけど、時間を置いて10回を3セットなら可能、など。このように工夫してプログラムは組まれていますので、あまり心配はいりません。

 

 

ベビービクスの後にアフタービクス

ハイハットスタジオさんでは、ベビービクスの後にアフタービクスを行います。スタジオ内の端にマットを引いて、寝かせておくんです。これなら運動しながらでも目が行き届くので安心ですね!

「エクササイズ中に赤ちゃんが泣き出してしまった!退室しないといけないの?」
いえいえ、そんなことはありません。赤ちゃんを抱っこしながらでも足だけ動かしたり、少しテンポをゆるめても大丈夫。ママに抱かれると、赤ちゃんは安心してすぐ泣き止むことも多いのです。それから、また寝かせて、再びレッスンに集中!

 

2015/07/03


この記事にいいね!しよう

いいね!
4

現在ログインしていません。

コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。