鼻血の対処法

6

 

鼻血の対処法

やわらかいティッシュもしくは綿などを詰め、鼻の中央に向かってギュッと鼻翼を指で圧迫してください。通常203分程度(小さいお子さんなら1分半~2分)で止まります。

 

鼻の中央手前の部分は、血管がたくさんあって、少しの刺激でも出血しやすい場所。子どもの場合は、鼻の奥のほうから出るような鼻血はまずありませんので、ほとんどの場合心配いりません

 

 

鼻血の時おすすめの姿勢は
・座らせて、鼻を押さえて、顔をうつむかせる
・あお向けに寝かせない(※寝かせると、血がのどのほうへ入ってしまいます。)
頭を高くしておくほうが早く血が止まります。


頻繁に鼻血を出す

まずはアレルギー性鼻炎を疑いましょう。

 

アレルギーがあると、鼻がむずむずして触ってしまうので、鼻いじりのための出血(指性鼻出血といいます)がおきやすくなります。

 

アレルギー性鼻炎は、発症がどんどん低年齢化しています。花粉症など、早いと2歳ぐらいでも大人とほぼ同じ症状がみられます。目がかゆいなど、アレルギー特有の症状をともなうので、風邪と見分けることができます。

 

このとき注意したいのがお薬。お子さんに市販の鼻炎薬を使うことは絶対に避けてください。病院できちんと処方されたお薬を使うようにしましょう
 

 

 

2015/07/28


この記事にいいね!しよう

いいね!
6

現在ログインしていません。

コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。