ごっくん期の離乳食初期(5カ月~6カ月ごろ)の量の目安や食材、レシピ、進め方のポイント

28

離乳食初期(5カ月~6カ月ごろ)イメージ

はじめての離乳食はちゃんと食べてくれるかどうか、ドキドキしますよね。

でも離乳食初期は赤ちゃんが食べてくれるかということより、口に食べ物を入れることに慣れてもらうことが目的です。

今回は、離乳食をはじめる前の基礎的なことをお話しします。

 

離乳食初期とは

離乳食初期は、「ごっくん期」ともいわれ、赤ちゃんが母乳やミルク以外のものを口にする最初の段階でもあります。

赤ちゃんにとってはスプーンを使うことも食物をお口に入れてごっくんすることも初めてです。

離乳食を食べる食べないよりも、赤ちゃんが上手に食べられるようになっていく過程を楽しむとお母さんも気持ちを楽にできると思います。

 

 

 

離乳食をはじめるタイミング

本格的な離乳食を始める時期は赤ちゃんによってさまざまですが、生後5,6カ月ごろが目安です。

赤ちゃんの首がすわり、支えてあげると座れるようになり、大人が食べる様子を見てよだれを垂らしながらお口をもぐもぐ動かしていたり、赤ちゃんの唇に指をあてても嫌がらないようであれば、離乳食をはじめてみましょう。

 

 

 

離乳食の進め方

初めての離乳食は、赤ちゃんがご機嫌で体調もいい時にはじめるとスムーズにはじめられます。1日1回、授乳前に挑戦してみましょう。

 

午前中に離乳食をあげるようにすると、万が一赤ちゃんの体調が悪くなってしまっても、受診できるので安心です。なるべく同じ時間にあげると、赤ちゃんの生活リズムも整ってくると思います。

 

まずは10倍がゆをすりつぶしたものを一日に小さじ一杯程度あげます。

最初は嫌がってスプーンを口から押し出してしまうかもしれません。スプーンにのせた離乳食をお口に入れてみると、まだ上手にごっくんできずに大半はこぼしてしまうかもしれませんが、気にすることはありません。徐々にスプーンに慣れてきます。

 

離乳食をあげはじめて1週間ぐらいして、赤ちゃんがつぶしがゆに慣れてきたら、野菜などをすりつぶして、ポタージュ状にしたものを1さじ追加してみましょう。

 

2カ月目に入ったら、白身の魚やとうふなどを追加していきます。

おかゆは10~8倍がゆを軽くすりつぶしたもの、パンがゆやうどんペーストなども追加してみましょう。

 

食パンはみみを取り除き細かくちぎるか、すりおろしてから煮ておかゆ状にします。

うどんやそうめんは柔らかくなるまでゆで、水にさらして塩分を抜きます。その後すりつぶして食べやすいペースト状にしましょう。

また、市販の食パンを使う時は卵不使用のものを選びましょう。食パンの主成分である小麦は食物アレルギー7品目食品です。さらに卵や乳が含まれていることが多いため、初めて食べさせるときは他の食品以上に慎重に食べさせましょう。

 

白身魚やお豆腐などのタンパク質、小麦はアレルギー物質として必ず表示されるもの7品目に含まれており、大豆も表示を推奨されている食品のひとつでもあります。新しい食材に挑戦するときは、一種類ずつにして、赤ちゃんの様子をよく観察してください。

 

そして、赤ちゃんが上手に飲み込めるようになって1カ月くらいしたら、ポタージュ状からヨーグルト状に硬さを替え、離乳食の回数も1回から2回に増やしてみましょう。

赤ちゃんは進んで食べる時もあれば、スプーンがお口に入るのを嫌がる時もあるかもしれません。

嫌いなのだとは思いこまずに、無理強いしたり、避けたりはしないでしばらくしてからまたあげてみましょう。また、ご機嫌が悪い時やなんとなくぐずるようなときは無理をせず、離乳食はお休みしてください。

 

赤ちゃんは消化機能がまだ発達しておらず、ちょっとしたことで下痢をしてしまうものですが、離乳食を進めた時期と重なっていたり、何度も軽い下痢を繰り返したりするようなら離乳食の消化不良をおこしている可能性があります。医師に相談して離乳食をお休みしてみましょう。

 

 

 

 

離乳食初期(5カ月~6カ月ごろ)の食事量の目安

この頃の赤ちゃんは離乳食から栄養を取ることは考えずに、少しずつあげることを心がけましょう。

よく食べる赤ちゃんでもいきなり量をふやすことはせず、ゆっくりと増やしていきましょう。最初、母乳やミルクは赤ちゃんが欲しがるだけ飲ませてかまいません。

 

赤ちゃんが飲んだり、食べたりする量の10~20%がこの時期の離乳食の最終的な量の目安です。赤ちゃんが食べる量やおしっこ、うんちの回数をみながら、ミルクの量を調節していってください。

 

 

 

離乳食初期(5カ月~6カ月ごろ)にあげてはいけないもの

離乳食初期に食べさせる食材は基本的には過熱したものになります。

塩分などは赤ちゃんの内臓に負担をかけてしまうため、味付けも必要ありません。素材の甘さや風味だけで赤ちゃんには十分です。

 

また、はちみつや黒糖はボツリヌス菌が混入している可能性があります。大人は平気でも赤ちゃんには中に含まれているボツリヌス菌で中毒を起こしてしまうことがあるため、決してあげないようにしましょう。

 

野菜や果物に関してもペースト状にしにくいもの、クセが強いモノ、アクが強いものは与えないようにしましょう。またアレルギー物質を含む食品として表示が義務づけられていたり、推奨されていたりする食品は野菜や果物の中にもあります。


【特定原材料7品目】
食物アレルギーを起こすことが明らかになったもののうち、症例数が多いもの及び症状が重篤であり生命に関わるため特に留意が必要な7品目。

 

・一般に食用に使われている鳥の卵

・小麦と小麦粉

・エビ類

・カニ

・そば粉を用いてつくられたものすべて

・落花生

・牛乳、乳製品

 

 

【特定原材料に準ずる20品目】
食物アレルギーを起こすことが明らかで、重篤な健康危害が継続してみられるが、特定原材料に比べると少なく、法令で定めるには今後の調査を必要とするもの。

 

・アワビ

・イカ類

・いくら

・すじこ

・牛肉

・鶏肉

・豚肉

・サケ

・さば

・大豆

・オレンジ

・カシューナッツ

・キウイフルーツ

・クルミ

・ゴマ、ゴマ油などの加工品

・バナナ

・マツタケ

・山芋

・りんご

・ゼラチン

 

アレルギーへの配慮は大切ですが、アレルギーがあるかもしれないと同じ食材ばかりに偏らず、さまざまな食材を与えましょう。いろいろな味に慣れさせることも必要です。

 

 

 

 

まとめ

離乳食は早く進めれば早く赤ちゃんが発育するという訳ではありません。

赤ちゃんのペースに合わせて進めたり戻ったり、ゆっくりと楽しく食事ができるのが一番です。

この頃の離乳食は栄養を考えるのではなく、食べることに慣れるのを目的とします。うまくいかなくても焦ることはありません。

あまり食べてくれなくても、落ち込まずに楽しくのんびりと進めていきましょう。

 

 


監修者:助産師 REIKO

医療短期大学専攻科卒業後、大学附属病院NICU・産婦人科病棟勤務、私立大学看護学部母性看護学助教を経て、現在ベビーカレンダーで医療系の記事執筆・監修に携わる。

 

 

 

 

◆離乳食初期(5カ月~6カ月ごろ)のレシピ

→離乳食初期のレシピをもっと見る

 

 

 

◆関連Q&A

 

 

◆関連体験談

助産師さんから『アレルギーが怖いのであまり早く始めず5ヶ月過ぎて6ヶ月ぐらいから始めるといい』と聞いていたので、よだれも多いし食べ物に興味がでてきた5ヶ月と12日から10倍がゆを始めました。2週目からにんじんやじゃがいも、ほうれん草などを1さじからはじめて3週目には豆腐や、白身魚をはじめました。わりと好き嫌いなく食べてくれました。スプーンにも慣れ離乳食はじめて1ヶ月たった頃から2回食にしました。最近はベビーフードなどにも頼りいろんなものを食べさせてます。今のところアレルギーないようで安心してます。

たいがママ さん

うちはアレルギー家系で、花粉症や食べ物アレルギー、薬アレルギーなど様々あるので、離乳食開始は七ヶ月ごろまで粘りました。下の子は、上の子が食べているのをみるとすごく羨ましそうな顔をするので、上の子よりは早めでしたが、聞いた話によると実は下の子になるにつれアレルギー危険度は増していくらしいですね。 三歳になると腸壁がしっかりしてくるので、生ものや家族にアレルギーのある食べ物については三歳までは控えていました。離乳食の食欲については、うちは上の子の時はお気に入りのぬいぐるみを隣において競争させるように食欲を煽っていましたが、下の子は上の子がいい競争相手になって、モリモリ食べてくれています。むしろ、早食い、大食いにならないように気をつけなければ!

ぽぽ さん

離乳食は1回食からはじまり、少しずつ色々な食材を食べさせていきました。最初は10倍がゆから始めました。1週間慣れたところで、野菜を少しずつ始めていき、果物も食べさせていきました。食べてくれるととても嬉しいもので明日は何を作ろうかなと考えるのが楽しかったです。だんだん食べる量も増えていきました。口周りや洋服が汚れてしまうので、その後始末がいつも大変でした。

そばかす さん

料理があまり得意でない私は、離乳食が始まって、手作りの1回食、2回食・・・のあたりでもう限界。3回食になった時点で、3回のうち1回は市販のベビーフードを使おう!と決めたとたん、フッと気持ちが楽になりました。その1食の中で、自分では作りにくい食材(レバーなど)も取れるし、品目も多く取れるので、気分的にもとても助かりました。手を抜いて、その分、ゆっくりと子どもと向き合う時間が取れたと思います。

あっちママ さん

 

その他の関連体験談

 

◆助産師に相談しよう!(無料)

ベビーカレンダーでは助産師に相談ができます。知りたいことは助産師に質問してみましょう。会員登録は不要です。

2017/08/23


この記事にいいね!しよう

いいね!
28

現在ログインしていません。

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。