基礎知識〜専門家が監修!妊娠・出産・育児のこと〜

育児コラム一覧

418件
  • 【助産師監修】原始反射とは? 種類、消える時期、注意点について

    【専門家監修】赤ちゃんに見られる特定の条件で決まった動きをすることを「原始反射」と言います。今回は、原始反射はいつから始まるのか、原始反射の種類と消失時期、消失しない場合の注意点などについて解説します。

  • 新生児聴覚スクリーニングとは?検査内容や費用、再検査について【医師監修】

    【医師監修】生まれた赤ちゃんに音が聞こえるか検査することを新生児聴覚スクリーニング(聴力検査)と言います。新生児聴覚スクリーニングは、早期に難聴を診断することで、難聴の原因や治療,リハビリテーション(補聴器等)をスムーズに導入することができるようになります。今回は新生児聴覚スクリーニングの内容(検査をするタイミング、検査結果の見方、検査費用)、再検査となった場合の流れについて解説します。

  • 突発性発疹の原因、症状、対処法について

    【医師監修】生後6カ月以降に初めての発熱を経験する乳児が多く見られますが、その初めての発熱の原因として多いのが突発性発疹です。ここでは突発性発疹の症状や原因、うつるのかどうか、治療方・対処法、いつからお風呂に入れるのかなど解説します。

  • 【助産師監修】母乳育児の終わらせ方(断乳と卒乳について)

    【助産師監修】母乳育児を続けているママにとって、「いつまで母乳をあげるか」「どのようにして母乳育児を終えるか」というのは、悩むところかもしれません。そこで今回は、「断乳」と「卒乳」についてお話ししたいと思います。

  • 巨大児になる原因は?巨大児の分娩方法や出産後の成長とリスクについて【医師監修】

    【医師監修】出生時の体重が4,000g以上の赤ちゃんを「巨大児」といいます。胎内にいる赤ちゃんが、巨大児かどうかの判断は難しいこともあります。エコー検査の赤ちゃんの体重は、推定体重なので、巨大児が疑われるといわれた場合でも実際はそうではない場合もあります。今回は、巨大児になる原因は何なのか、巨大児と診断された赤ちゃんはどんなリスクがあるのか、出産後の成長についても解説します。

  • 乳幼児医療費助成制度とは?手続きや対象範囲など制度の受け方を解説

    【助産師監修】乳児や幼児が医療機関を受診した際や入院になった場合、自治体から助成を受けられる制度です。自治体によって対象年齢の範囲が異なる場合はありますが、制度の内容や受けるための手続きは同じです。子供を育てるための手助けになる、乳幼児医療費助成制度について詳しくご紹介しましょう。

  • パラシュート反射とは何のこと?赤ちゃんの時期特有の反射について

    【助産師監修】赤ちゃんの時期特有の反射には原始反射と姿勢反射があります。赤ちゃんが成長するうえで大事なパラシュート反射は成長するにしたがって表れてきます。では、パラシュート反射とはどんな反射なのでしょうか。また、いつごろからその反射は始まるのでしょうか。今回はパラシュート反射について解説します。

  • 乳腺炎とは? うっ滞性乳腺炎の原因と対処法について【授乳中のトラブル】

    【助産師監修】母乳育児をしていくうえで、誰もがかかる可能性のある乳腺炎。産院を退院する前に、乳腺炎に関する指導があります。乳腺炎は放っておくとどんどん悪化してしまいます。ですが、早めの対応で、治すことも可能です。今回は、うっ滞性乳腺炎についてお話ししたいと思います。

  • 乳腺炎とは? 感染性乳腺炎、急性化膿性乳腺炎の原因と対処法について【授乳中のトラブル】

    【助産師監修】産後ママに起こりやすいトラブルのひとつ、乳腺炎。乳腺炎には、うっ滞性乳腺炎と感染性乳腺炎があります。うっ滞性乳腺炎はホームケアで改善することもありますが、感染性乳腺炎は治療が必要になることも。今回は、感染性乳腺炎についてお話ししたいと思います。

  • ハーフバースデーとは? 装飾や記念写真、プレゼントについて

    【助産師監修】1歳のお誕生日までのお祝いといえば、お七夜にお宮参り、お食い初め、初節句と盛りだくさん。最近では生後6カ月に「ハーフバースデー」としてお祝いする習慣が広まりつつあります。ここではハーフバースデーについて詳しくご紹介します。

  • 赤ちゃんとの外出、おでかけはいつから? 月齢別おすすめスポットや必要な持ち物

    【助産師監修】赤ちゃんとのおでかけは、自分ひとりでするのとは違って、たくさんの準備が必要です。また赤ちゃんの月齢によっても、必要な持ち物やおすすめのおでかけスポットが変化してきます。必要な準備をしっかりして、赤ちゃんとのおでかけを楽しみましょう。

  • 赤ちゃんがつかまり立ちを始めるタイミングはいつ?時期の目安や練習について

    【助産師監修】つかまり立ちとは、赤ちゃんの手が届くところにあるものにつかまって、立ち上がることを言います。赤ちゃんの手や足に力がついてきて、立つことに興味を持つとつかまり立ちをし始めます。赤ちゃんはつかまり立ちをすることによって、視野がさらに広がることになります。つかまり立ちはいつごろから始まるのでしょうか?今回はつかまり立ちをする目安の時期やつかまり立ちをしないときはどうすればよいか、しない場合の対処法について解説します。

  • 乳管のつまり・おっぱいのしこり【授乳中のトラブル】

    【助産師監修】(解説イラスト付)通常産後3~4日もすると、おっぱいが張ってきます。これは産後の生理的な経過のひとつです。しかし、乳管がつまって母乳の流れが悪くなったり、適切に母乳が排出されないとしこりが生じたりすることも。このように乳管がつまったり、おっぱいにしこりができたりする状態を「限局性の乳汁うっ滞」といいます。 今回は、限局性の乳汁うっ滞の原因や対処法についてお話ししたいと思います。

  • 周りからストレスを感じた【授乳中のトラブル】

    【助産師監修】出産前、母乳育児を頑張ろうと思っていても、実際出産を終え、授乳に取り組んでみたら、心が折れそうになってしまうできごとに遭遇してしまうことも。出産後のママは、心も体もデリケート。ちょっとしたことがストレスになってしまうことがあるんです。今回は、授乳中、ママがストレスと感じるであろう人とのかかわりについてお話ししたいと思います。

  • つたい歩きはいつから?靴下や靴はどうする?練習は必要なの?

    【助産師監修】つたい歩きはいつからするの?つたい歩きは個人差が大きく、7カ月ごろから1歳過ぎごろに始まると言われています。今回はつたい歩きをするときに注意すること、靴下や靴など気になる疑問について解説します。

  • フォローアップミルクとは? その必要性と与える時期【助産師監修】

    【助産師監修】赤ちゃん用の粉ミルクには、フォローアップミルクと呼ばれるものがあります。普通の粉ミルクとは少し用途が異なるフォローアップミルク。そもそもフォローアップミルクとは何なのか? 普通の粉ミルクとの違いや必要性、いつからいつまで与えるものなのかなどをご紹介します。

  • 赤ちゃんのおむつ替えの回数や手順、注意点とちょっとしたコツについて

    【助産師監修】赤ちゃんが誕生すると、間もなくおむつ替えというお世話が始まります。それ以降長期間おむつ替えをすることになりますが、それには注意点やコツがあります。

  • 乳首が切れる【授乳中のトラブル】

    【助産師監修】授乳にまだ慣れていない時期に多くのママが体験するトラブルの1つが、「乳首が切れてしまうこと」です。乳首が切れるまではいかなくとも、傷ができてしまうと痛いしこのまま授乳を続けていけるのか不安になってしまうかもしれません。

  • おっぱいの痛み【授乳中のトラブル】

    【助産師監修】陣痛は痛い……。これは、実際体験していない人でも、イメージが湧くと思います。しかし、授乳に関連する痛みがあるということは、お産をしてから知る方が多いかもしれません。そこで今回は、授乳に関連する痛みについてお話ししたいと思います。

  • 母乳が出すぎる【授乳中のトラブル】

    【助産師監修】おっぱいが思うように出ない、母乳の量が足りているか不安……と感じているママが多いなか、逆におっぱいが出すぎて困っているママもいらっしゃいます。そこで今回は、「母乳分泌過多」についてお話ししたいと思います。

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。