基礎知識〜専門家が監修!妊娠・出産・育児のこと〜

育児コラム一覧

414件
  • 4カ月健診はいつどこでおこなう?健診の目的や内容、服装、所要時間について

    【助産師監修】生後3~4カ月の赤ちゃんの健康や発育状況を把握するために行う4カ月健診。ここでは健診を受ける時期や内容、所要時間、費用、持ち物、注意点について詳しく解説します。

  • 【助産師監修】おっぱいの大きさが左右で違う

    【助産師監修】ヒトの体は左右対称ではありません。多かれ少なかれ、形や大きさがちがっています。もちろん、おっぱいの大きさも同じことがいえます。軽度のおっぱいの大きさの違いは、約80%の女性にみられるとのこと。 しかし、明らかにおっぱいの大きさが違ってしまうケースも。今回は、おっぱいの大きさが左右で異なる原因とその対象法についてお話しします。

  • 【助産師監修】陥没乳頭・扁平乳頭の対処法

    【助産師監修】授乳をしていて、赤ちゃんがうまくおっぱいを含めないと感じているママは多くいらっしゃいます。その原因の1つに乳首のかたちがあると思います。乳首が十分に突出していない場合、おっぱいトラブルも生じやすくなります。

  • 母乳が出る仕組みを知ろう!【母乳育児特集】

    【助産師監修】赤ちゃんを産んだら、自動的に母乳が出るようになると思っていませんか? 確かに赤ちゃんが生まれたら、母乳が出るようにママの体も変化します。でも、それだけでは、赤ちゃんに十分な量のおっぱいを飲ませることはできないかもしれません。ここで母乳が出る仕組みを知っておきましょう。

  • 【助産師監修】母乳育児のメリット・デメリット-母乳育児を始める前に

    【助産師監修】「赤ちゃんが生まれたら母乳で育てたい」と思っているママも多いのではないでしょうか。平成27年の乳幼児栄養調査によると、「赤ちゃんが生まれたら母乳で育てたい」と思っている妊娠中のママの割合は約93%。その一方、産後1カ月時の授乳状況を見ると、母乳だけで赤ちゃんを育てているママは約51%となっています。 実際、母乳育児を始めてみると、思うようにいかないことがたくさん出てくると思います。そのような状況を少しでも減らすためには、妊娠中からの準備が必要です。母乳育児の準備を始めましょう。

  • 10倍がゆの作り方~離乳食~ 

    10倍がゆの作り方を動画で紹介します!

  • 赤ちゃんの洋服の選び方

    赤ちゃんが生まれるときに、肌着やウェアを用意します。でも、どんな形のものがあるのか? 何枚用意すればいいのか? 迷う人もたくさんいると思います。ここでは赤ちゃんの肌着とウェアの選び方をお伝えします。

  • 2人目は何歳差がいい?どう変わる?

    赤ちゃんが生まれるとそのかわいさに「もう1人欲しい」と思う人も多いですよね。でも、何歳差がいいの?それによってどう変わるの?という子育ての違いについて紹介します。

  • 赤ちゃんの肌着・ウェアの種類

    赤ちゃんの洋服にはなれない言葉がたくさん出てきます。ここでは、その種類とどういった洋服なのかを見ていきましょう。

  • 赤ちゃんの肌着・ウェアの着せ方

    赤ちゃんは体温調節機能が未発達ですが、新陳代謝は活発。洋服を着せすぎるとあせもになってしまったり、汗をかくことで冷えたりすることがあります。目安としては生後2〜3カ月ごろは大人と同じ枚数、それ以降は大人より1枚少なくしてあげましょう。

  • 内祝いのマナーについて

    内祝いとは、出産祝いをいただいたお返しと思っている人も多ですが、本来はお祝いをいただいたかは関係なく、赤ちゃんが生まれたことへのおひろめとして、親しい人に送ることを意味します。現代では、出産お祝いをいただいた人に対して、お返しとおひろめ両方の役割として送ることが多いです。

  • 生まれてから1歳までのお祝いごとについて

    赤ちゃんが生まれると成長に応じてお祝い事があります。それぞれに意味があり成長を喜ぶとともに、これからの健康や成長を祈るものでもあります。地域によって異なることもあるので、祖父母に確認しながら行うといいでしょう。

  • 抱っこひもの種類と選び方

    抱っこひもは新生児から使えるものと、首がすわってから使えるもの、抱き方などによりいろいろあります。お出かけシーンや電車に乗る頻度、ベビーカーやチャイルドシートとの併用などを考えて購入しましょう。

  • 乳幼児突然死症候群(SIDS)

    乳幼児突然死症候群(SIDS)とは、事故や窒息ではなく眠っている間に突然死亡してしまう病気です。1歳未満、特に生後6カ月までの赤ちゃんに多く見られるもので、原因はよくわかっていませんが、睡眠中に呼吸機能が低下して、無呼吸発作を起こすことが一因と言われています。

  • 突発性発疹

    38度以上の熱が3〜4日続いたあとで、解熱する前後に体、特におなかや胸などに発疹が出てきます。発疹は2〜3日で消えていきます。 経過中に軽い下痢をすることが多く、診察では普通の風邪との区別は非常に難しいです。

  • 赤ちゃんに起こる事故と対策

    乳児は発達が早いので昨日できなかったことが今日できるようになります。

  • 緊急受診の目安

    赤ちゃんの具合が悪いときに、朝まで待っていいのか、今すぐ受診をしたらいいのか迷います。

  • 腸重積

    どんな病気?

  • 乳児湿疹と乳児脂漏性湿疹

    皮膚は体を守る大切なバリアーですが、乳児期は皮膚が薄く、皮脂が欠乏したり(ドライスキン)、乾燥しやすいため皮膚のトラブルを起こしやすい時期です。

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。