飛行機の爆音に驚き、外で遊ばなくなりました

7
育児のQ&A

飛行機の爆音に驚き、外で遊ばなくなりました

1歳4ヶ月の息子が歩き始めた頃、近所の公園に遊びに行きました。近くに基地があり、毎日飛行機が行き来しているのですが、飛行機が真上を通過した瞬間、息子は大きな音に驚き、号泣してしまいました。それから、外で歩いたり遊んだりできなくなってしまいました。
よく食べて眠るためにも、たくさん体を動かしてほしいので、外に連れては行きます。しかし、歩かせようとすると泣きながら「抱っこ抱っこ」とせがみます。運動量が極端に少なくなるのが心配で、部屋で遊ばせているのですが、やはり部屋と外では接する物も運動量も違うため、部屋の中だけではよくないだろうと心配になります。
子育て支援センターなどで他の子どもたちと遊ばせたいと思うのですが、私自身がパニック障害のため、電車やバスに乗ることができません。そのため、子どもが集まる場所に行くこともできず、息子に申し訳なく思っています。
このまま部屋で遊ばせるだけでも、大丈夫なのでしょうか? それとも、無理にでも外で遊ばせるべきなのでしょうか?

 

まず、飛行機の爆音に泣くほど驚いているなら、他の公園を利用した方がお子さんも安心して遊べるでしょう。ただし、お子さんの月齢を考えても、外で遊ばせることはこれからますます重要になってきます。
あなたが外出できなければ、夫が休みの日に、外で遊ばせるように頼んでみてください。子どもは家の中だけで生活をしていると、物事の体験が極端に少なくなり、社会性が身につかなくなってしまいます。外でたくさん遊び、同年齢や2~3歳違いの子どもに接することで、社会性は自然に身についていきます。
また、あなたの障害と育児中の注意について、医師からどのように説明されていますか? もし、あなたの不安が強すぎて外出が困難になるようでしたら、地域の保健センターや役所の子育て支援課などに事情を話して、保育園への入園等も検討してみてください。保護者の健康状態を考慮して、優先的に入園させてくれる自治体もありますし、療養中の保護者が利用できる子育て支援サービスなども紹介してくれるでしょう。

質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。

監修者プロフィール


植松 紀子(うえまつ のりこ)先生

平成4年から「こどもの城」小児保健部にて臨床心理士(常勤)として働き、平成19年に定年退職する。横浜市、藤沢市の各教育委員会のスーパーバイザー。日本学校メンタルヘルス学会評議員、田中教育研究所評議員。

このQ&Aにいいね!しよう

いいね!
7

現在ログインしていません。

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。