家庭でできるインフルエンザ、ノロウイルスの感染予防は?

3
育児のQ&A

家庭でできるインフルエンザ、ノロウイルスの感染予防は?

上の子が保育園でよく病気をもらってくるため、下の子たちにうつって困っています。
これからインフルエンザやノロウイルスなど、感染症が流行る季節になりますし、特にまだ0歳の息子など、予防のしようもないので悩みます。
家庭内でできる予防対策として、有効なものがあればぜひ教えてください。

 

感染予防には、(1)感染源の除去、(2)感染経路の遮断、(3)抵抗力を高める、という3原則があります。
(1)「感染源の除去」は、感染症と診断されたら、周囲の人との接触を避けることです。保育園や学校を休むことや、自宅では家族と別室で過ごすことによって、感染拡大を防止するが大切です。
(2)「感染経路の遮断」は、病原体の体内への侵入を阻止することです。具体的には、手洗い、マスクの装着、うがいをすることです。また、食品の衛生管理も大切です。
(3)「抵抗力を高める」は、体内に侵入した病原体と戦う体力や抵抗力をつけることです。予防接種を受ける、十分な栄養や睡眠をとる、適度な運動をする、規則正しい生活を送る、といったことを心がけましょう。
インフルエンザには予防接種がありますから、接種可能な方は積極的に受けることによって、抵抗力のない赤ちゃんへの感染を防ぐことができます。また、家庭内で病気の家族を別室にしていただくだけでも、感染拡大を防ぐのに役立ちます。もちろん、こまめに手洗いやうがいをすることも重要です。どうぞ感染予防の3原則を守って、冬の感染症シーズンを乗り切ってください。

質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。

監修者プロフィール


三石知左子(みついしちさこ)先生

東京女子医科大学母子総合医療センター講師などを経て、葛飾赤十字産院院長。

このQ&Aにいいね!しよう

いいね!
3

現在ログインしていません。

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。