泣きやまないのは泣きぐせがついたせいですか?

2歳の息子は、意思がうまく伝わらなかったり思い通りにならないことがあると、かんしゃくを起こして、壁などに頭をぶつけて泣きます。叱ると余計に泣いてしまい、なかなか泣き止まなくなるので、相手にしないでただ見守っています。
ところが、同居している義母に「泣きやませる努力を怠ってきたから、今になって泣きぐせがついたんだ」と言われてしまいました。
私としては、今までどおりに泣きたいだけ泣かせ、気持ちが落ち着いたときに言い聞かせる、という対応をしたいのですが、それでは意味がないのでしょうか?
 

2歳ごろは強く自己主張をする時期なので、うまくいかなかったり、気に入らなかったりすると、激しい怒り(かんしゃく)を起こすことがあります。とはいえ、壁や床に頭をぶつけてまで怒りを表現する子は、多くはありません。そうする前に何らかの解決の手立てがあり、多くは泣くだけで不満がおさまるからです。
たしかに、気のすむまで泣かせておくことも、怒りの解決方法の一つです。とはいえ、怒りが強くなる前に、子どもの訴えを早く理解して対処したり、外遊びに誘って気分を転換させることも大切です。お姑さんと同居なので、思い通りにあなたの子育てができないこともあるでしょう。でも泣かせるだけではなく、ぜひ色々な方法を試してみてくださいね。
また、泣き止んでから言って聞かせるのは、2歳台では無理です。この年齢では、時間が経過してしまうと、何がいけなかったのかを理解できないからです。特に、命にかかわることや人に迷惑がかかることは、その場で「ダメ!」と短い言葉で制してしっかり注意し、行動を止めてください。そうすることで、やっていいこととそうでないことが、はっきり認識できるようになるでしょう。

質問に対する答えは、あくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。

監修者プロフィール

植松 紀子(うえまつ のりこ)先生

平成4年から「こどもの城」小児保健部にて臨床心理士(常勤)として働き、平成19年に定年退職する。横浜市、藤沢市の各教育委員会のスーパーバイザー。日本学校メンタルヘルス学会評議員、田中教育研究所評議員。

このQ&Aにいいね!しよう

現在ログインしていません。

ベビーカレンダー監修者はこちら

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)