「お宅の子がすべて悪い」と言われたら?

3
育児のQ&A

「お宅の子がすべて悪い」と言われたら?

小学生の息子は、同じクラスの体格の大きい子とよくトラブルを起こします。息子はクラスで背が一番小さいのですが、口が達者で負けず嫌いなので、何かあると黙っていません。息子にも悪いところがあると思いますし、子ども同士のことでもあるので、学校で起きたことは、先生の判断にお任せするようにしていました。
しかし、その子のお母さんや家族が、何かある度に「お宅の子がすべて悪い」と文句を言ってきます。息子に何があったのか、その度に聞いて話し合いをしますが、聞くとお互いさまに思えることばかりなのです。
それでも相手のご家族は、「自分の子は悪くない! いじめられている」の一点張りです。何かある度に謝ってきましたが、私だって自分の子の味方をしたいですし、本心ではその子と仲良くしてほしくない、と思ってしまいます。
これからそのお母さんと学校の行事などで会うと思うと、学校にも行きたくない気持ちです。どう付き合っていけばよいのか、アドバイスをお願いします。

 

最近このように、自分の子どもだけを擁護する保護者が、少しずつ増えているように感じています。何かにつけ「周りが悪い」と主張する人は、自分の生き方などに自信がないため、人を批判することで優位に立とうとする側面があります。
こうした保護者の下で育っていると、その子どもも同じような行動をとってしまうのかもしれません。できれば、あなたのお子さんは、そのお子さんに自分から近づきすぎないようにする方が無難でしょう。近づくと、トラブルが起こりやすいからです。ただし無視はせず、挨拶などはするように話してくださいね。
お母さん同士も、あえて近づかなくてもよいでしょう。あまりトラブルが多い場合には、担任の先生に時間を取ってもらい、相談してくださいね。

質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。

監修者プロフィール


植松 紀子(うえまつ のりこ)先生

平成4年から「こどもの城」小児保健部にて臨床心理士(常勤)として働き、平成19年に定年退職する。横浜市、藤沢市の各教育委員会のスーパーバイザー。日本学校メンタルヘルス学会評議員、田中教育研究所評議員。

このQ&Aにいいね!しよう

いいね!
3

現在ログインしていません。

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。