1ヶ月健診でビタミンKを接種しませんでした

24
育児のQ&A

1ヶ月健診でビタミンKを接種しませんでした

里帰り出産のため、出産した病院とは別の病院で1ヶ月健診を受診しました。素人知識なのですが、ビタミンKシロップを飲むものだと思っていたのですが、いただけませんでした。その病院を疑うわけではないのですが、他に患者さんもおらず、1ヶ月健診を常時やっているという雰囲気ではなかったので、ちょっと不安になりました。
シロップを飲まないと、後々大変なことになるのでしょうか? 別の病院で再度受診したほうがいいのでしょうか?

 

血液を固める成分の中には、ビタミンKがないと作れないものがあります。普通の人ではビタミンKが不足することはありませんが、生後2ヶ月くらいまでの赤ちゃんはビタミンK不足である可能性が高いです。なぜなら、ビタミンKは胎盤を通過しないこと、母乳中にあまり含まれていないこと、さらにビタミンKは腸内細菌によって作り出されるのですが、無菌で生まれる赤ちゃんには十分にビタミンKを作り出す腸内細菌がないためです。
ビタミンK不足の状態ですと、消化管出血でたとえば便に血が混じったり、また頭蓋内出血を起こしたりします。こうしたことを予防するために、通常は誕生後24時間で、また退院する前、そして1ヶ月健診時と3回ビタミンKのシロップを赤ちゃんに飲ませます。
人工乳(ミルク)にはあらかじめ十分なビタミンKが含有されていますので、1ヶ月健診までの間に混合哺乳、あるいは人工乳であれば3回目のビタミンKシロップは飲ませない場合もあります。ご質問の赤ちゃんが完全母乳の場合、産科と小児科の両方ある医療機関を受診し、相談した方がよいでしょう。
また1ヶ月健診は、出産した病院で受けられることをお勧めします。1ヶ月はまだ周産期として妊娠中の影響が赤ちゃんに残っている時期ですので、妊娠、分娩、出生後間もなくの情報が揃っているところで健診を受ける方が、赤ちゃんのためには安心です。

質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。

監修者プロフィール


三石知左子(みついしちさこ)先生

東京女子医科大学母子総合医療センター講師などを経て、葛飾赤十字産院院長。

このQ&Aにいいね!しよう

いいね!
24

現在ログインしていません。

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。