授乳時に口をうまく開けることができません

8
育児のQ&A

授乳時に口をうまく開けることができません

2ヶ月になる息子は、低体重児で保育器に入っていたため、生まれてから半月間は哺乳瓶で母乳やミルクを飲んでいました。
今は母乳育児をしていますが、ずっと哺乳瓶に慣れていたせいか、うまく口を開けることができません。「大きく口を開けてね」と話しかけながら乳首で唇をつついたり、泣いて口を開けたときに入れてみたりと、色々な方法を試しています。どの方法でも最初はうまくいくのですが、何回かすると乳輪まで入る前にハグハグして口が小さくなってしまいます。
乳首が痛いですし、口の端から母乳がダラダラ漏れてくるので、何度もやり直しをさせ、飲み始めるまでに何時間もかかってしまいます。
口に入るときにハグハグさせずに、乳輪までくわえさせる方法はありますか? ときどき口を開けるのをあきらめ、寝てしまうこともあるので、体重の増加も心配です。

 

哺乳瓶は吸うとすぐに出るので、赤ちゃんはその状態に慣れてしまっているのではないかと思います。
まず、乳首が痛いのは、吸い方が浅かったり乳首をつぶすようなくわえ方をしているためであることが多いです。乳輪をママの指でほぐして柔らかくし、吸うとすぐ出る状態にしてから吸わせてみてはいかがでしょうか? 乳輪が硬いと吸っているうちにすべってしまい、口がどんどん小さくなってしまう可能性があります。
また、授乳時の抱き方の工夫をしてみてください。クッションを置いて高さを調節して横抱きにしてみたり、フットボール抱きにしてみたりと、赤ちゃんが吸いやすい体勢を試してみてください。
低出生体重児は、吸う力や体力が体重の増加と共に増してきます。上に書いたことを行って、母乳を与えた後に搾乳やミルクで不足を補い、しっかり体重を増やすことも大切です。
また、近所に母乳外来や助産師による母乳相談室などがあれば、乳房や授乳の様子を診ていただき、指導していただくと安心できるでしょう。

質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。

監修者プロフィール


三石知左子(みついしちさこ)先生

東京女子医科大学母子総合医療センター講師などを経て、葛飾赤十字産院院長。

このQ&Aにいいね!しよう

いいね!
8

現在ログインしていません。

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。