常位胎盤早期剥離は繰り返しやすいの?

7
妊娠・出産のQ&A

常位胎盤早期剥離は繰り返しやすいの?

先月妊娠39週で常位胎盤早期剥離を起こし、緊急帝王切開の末、2人目の子どもが重症仮死で生まれ、先日亡くなってしまいました。もうこんな思いは二度としたくありません。
 常位胎盤早期剥離は一度起こした人のほうが、次も起こる可能性は高いのでしょうか(私の場合は足のひどいむくみもありました)。
 また、次の妊娠はふつうの帝王切開の人よりも間をあけたほうがよいのでしょうか。できることなら、早く赤ちゃんが欲しいと思っています。でも怖くてたまりません。次は、万全の体制で妊娠して、無事に出産したいです。どのようにしたらよいか、アドバイスをお願いします。

 

お子さんの誕生をとても楽しみにされていたことでしょう。心中お察し申し上げます。
 胎盤が妊娠中、または分娩時の胎児が出てくる前に子宮壁から胎盤が剥離することを「常位胎盤早期剥離」といいます。剥離の程度によっては、救急処置をおこなう余裕のないまま、子宮内胎児死亡を起こしてしまうことがあります。また、重症例では、母体の血が固まらず、母体が死にいたることもあります。発生頻度は、全妊娠の0.5%くらいで、また50~70%に妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)があるといわれています。いままでの妊娠で常位胎盤早期剥離があると、次の発症率は約10倍になるといわれていますので、次の妊娠では、同じ時期には特に注意してください。
 次回の妊娠のときには、体重管理や食事のコントロールをしっかりして、妊娠高血圧症候群を起こさないようにすることが大事です。もし血圧も高かったようなら、できれば2~3年後くらいに妊娠されたほうがいいと思います。
 臨月に入ったら早めに帝王切開をおこなう方法もありますので、次の分娩の方法を主治医とよく相談をして決められるとよいと思います。こういう経験をもつ妊婦さんには、医師のほうも十分慎重に管理すると思いますので、今回のことをよく話しておくことも必要です。

質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。

監修者プロフィール


三石知左子(みついしちさこ)先生

東京女子医科大学母子総合医療センター講師などを経て、葛飾赤十字産院院長。

このQ&Aにいいね!しよう

いいね!
7

現在ログインしていません。

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。