お客さまが帰るとき - おつきあいのマナー -

楽しかったお客様との語らいもそろそろ終わるころ。お客さまが「そろそろおいとまします」と腰を上げたら、先に立って荷物などをお渡ししましょう。玄関では、靴をそろえてあるかを確認し、中でコートを着るようにすすめましょう。

時間がすぎてもなかなか腰を上げないお客さまには、「お帰り前にお茶をお出ししますね」などと言って、さりげなく時間を知らせるようにすると、差し障りがないでしょう。また、「ごめんなさい、約束がありますのでこの辺で」とはっきり断ってもよいでしょう。大抵は、あなたがこの辺で切り上げたいと思えば、察知してくれるものです。ただし、基本はあくまでもお客さまの都合に合わせるということをお忘れなく。

お見送りは、ドアの外まで出てするようにしましょう。相手が帰ったからといって、すぐにカギをかけたり、外灯を消したり、ということでは今までのおもてなしが台無しです。相手が振り返るまで待って、振り返ったら軽く会釈をしましょう。大切なお客様には、門の前までお見送りをするように心掛けましょう。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み


この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

コメント

この記事にコメントする

残り2,000文字

専門家の記事&最新ニュースが550件以上!

ベビーカレンダー監修者はこちら

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)