留守にするとき - おつきあいのマナー -

3

旅行や出張などで長く家を空ける前には、マンションの管理人さんやお隣にひと声かけるのを忘れずに。何夜にも渡って家の電灯がつかないと、きっと不安なはずです。長く留守にすることがあらかじめ分かっていて、その期間に宅配便が届く場合は、送り主と打ち合わせ、配達日を変更してもらいましょう。

管理人のいないアパートや一戸建ての場合、長い間の留守でなくても、共働きであったり、ちょっと外出している際にも宅配便をお隣に預かってもらうことがあるかもしれません。もし、お隣に配達されたらお礼を言って引き取りますが、届いたものがおすそわけできるようなものであれば、3回に1回くらいは、分けて差し上げましょう。

逆にお隣の宅配便を預かった場合には、配達人に預かり伝票を郵便受けに入れておいてもらい、お隣から連絡があったら渡してあげましょう。基本は相手が取りにくるまで待つこと。こちらから持っていくと逆に相手を恐縮させてしまいます。次の日まで取りにこなかったら、電話を入れるなりして、預かっていることを知らせてあげましょう。

 

2015/07/27


この記事にいいね!しよう

いいね!
3

現在ログインしていません。

コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。