角をたてずに断るには - おつきあいのマナー -

3

近所の人や友人から興味のないサークルに誘われたり、品物の購入を頼まれたりしたとき、気が進まない場合には、あいまいな返事をせず最初からきっぱりと断ることが大切です。気まずい間柄になりたくないばかりに「1回だけなら」とOKしたり、気があるような返事をしてはいけません。後になればなるほど、断りにくくなってしまいます。

断るときには「誘ってくれて嬉しいけれど、私には興味がないのでごめんなさい」と、感謝しつつはっきり断りましょう。「親戚が化粧品の会社に勤めているので、そちらへの義理もあって化粧品は間に合っているんです」などと、親戚や家族を引き合いに出して断るのもよい方法です。

ただし、つっけんどんな断り方では角が立ってしまいます。「話し方や態度はやさしく、言うべきことははっきりと」を心掛けましょう。

 

2015/07/27


この記事にいいね!しよう

いいね!
3

現在ログインしていません。

コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。