電話を受けるときの基本マナー - ビジネスマナー -

1

コールは3回以内、できれば2回以内でとるようにしましょう。あまり長くコールが続いたら、「お待たせしました」のひと言を忘れないようにしましょう。電話を受ける側は必ず名乗るのが鉄則です。

 

オフィスの代表電話を受ける際は、担当者の名前まで聞くようにしましょう。電話を受ける際には、必ずメモを取りながら聞くこと。電話を切ると、意外に名前までは思い出せないものです。大切なポイントとなる点は、必ず復唱することを心掛けましょう。

 

担当者が不在のときはこのポイントで答える

  • 相手の社名と担当者名を確認(担当者名も必ず控えましょう)
  • 不在の理由と帰社時間を述べる
  • 電話を掛け直すべきかどうか確認する(「こちらから掛け直しますが…」など)
  • 件を正確に聞き、メモを取る
  • 電話を受けた時間を控える
  • 自分の名前を名乗る(「○○が承りました」など)

 

電話を切るときは、すぐに受話器を置かないこと。会話が終わってから心の中で「1、2」と数えて、「3」で切るように心掛けましょう。

 

2015/07/27


この記事にいいね!しよう

いいね!
1

現在ログインしていません。

コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。