仕事でミスをしたとき - ビジネスマナー -

2

例えば上司の指示が悪くてミスした場合、あなた一人のせいではなくても、ミスはミスです。自分から進んで謝るようにしましょう。「部長の指示が悪いから…」などと言っていては、相手の気持ちを逆なでするだけです。指示があいまいでミスをした場合でも、確認をしなかったあなたも悪いのです。

 

もし、上司が自分の指示ミスを棚に上げてあなたを一方的にしかるようなことがあっても、相手の気持ちを害すようなことを言ってしまっては、せっかく築いた職場関係も台無しになってしまうかもしれません。相手を批判するときには、自分の中でよく考えてから口に出すことが大切です。あなたの中にはきっと割り切れない気持ちが残っているでしょうが、一度関係をこじらせてしまうと取り戻せないことが多いのです。

指示の悪い上司の下についた場合には、上司の考えに先回りして行動するくらい気を利かせなければ、道は切り開けません。ビジネスの現場は人と人が作るものです。すべてが思い通りに運ぶとは限らないので、ミスした場合はそれをどう切り抜けるか、先へ先へと考えることが大切です。

 

2015/07/27


この記事にいいね!しよう

いいね!
2

現在ログインしていません。

コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。