来客時のお茶の出し方 - ビジネスマナー -

1

「お茶くみなんて」と軽く考えがちですが、職場に来客があったとき、きちんとしたお茶の出し方をしていますか?たとえあなたがベテラン社員であっても、手が空いているときには率先して、正しいマナーでお茶を出すようにしたいですね。

 

まず、お茶は必ず茶たくに載せて出すことが基本です。茶たくにお茶がこぼれないよう、お茶を注いでから茶わんを茶たくに載せます。 応接室に入ったら「いらっしゃいませ」とあいさつをし、お茶を載せたお盆を、いったんサイドテーブルか、なければテーブルの端に置きます。「失礼します」と声を掛けながら、来客の上座の方から順に、両手でお茶を出します。お盆を置く場所がないときには、お盆を持ったまま片手で出しても構いません。お茶は必ず茶たくにのせて出します。茶たくを先に出し、その後でお茶わんを茶たくに載せるのは間違いです。


来客と社員にお茶を出すときには、社員にも客用の茶わんを使い、社員個人が日常使っている茶わんは使わないのがマナーです。また、万が一書類を汚してしまったりしたときのために、乾いたふきんを用意しておくとよいでしょう。お茶を出し終わったらお盆を脇に持ち、目礼をしてから退室します。

 

2015/07/27


この記事にいいね!しよう

いいね!
1

現在ログインしていません。

コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。