社外で口にしてはいけない社内情報 - ビジネスマナー -

1

会社を一歩出たら、社外の人に対してはあなたが会社の代表者となります。会社の「顔」として恥ずかしくない行動を採るとともに、内部の情報を軽率に漏らさない注意が必要です。

 

会社の経営状態に関わること、例えば「前期の売上は…」とか「リストラ計画が進んでいて…」などといったことはもちろん、「ボーナスが下がっちゃって…」といった個人的な話も立派な内部情報。軽々しく口にしないことです。

また、社内の派閥やトラブルについて話すのもご法度。「ウチは上層部がいつもゴタゴタしていまして…」「部長のAとBは実は犬猿の仲で…」などと話の勢いで漏らしたりすることのないよう、くれぐれも注意しましょう。

他社の仕事の内容についても同じこと。同業者だからこそ耳に入る情報もあるでしょうが、それを利用するなどもってのほかです。営業などで自社製品をアピールするのは構いませんが、そのためにライバル社の製品を悪く言ったり、マイナスの情報を流したりすることは、逆にあなたの会社やあなた自身の品位を貶め、信用を失うことになります。

仕事や会社に関する話は慎重に、いつも節度と品位のある態度を心掛けましょう。 

 

2015/07/27


この記事にいいね!しよう

いいね!
1

現在ログインしていません。

コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。