封書とはがきの使い分け - 手紙の書き方 -

3

基本的には、はがきは略式のもの。目上の人に差し上げる際や正式の場合には、封書の手紙にしましょう。

 

一般的に、はがきは友だち同士や親戚などの親しい仲でやりとりするものですので、目上の方に差し出すお礼状などは、年賀状や暑中見舞いなどを除き、封書を用いるようにしましょう。また、周りの人には見られたくない文章の場合にも、封書にするのが一番です。ただ、遅すぎる手紙よりは、早いはがきのほうが喜ばれるので、ケースバイケースで対応してみましょう。

 

はがきは、要点だけを伝えたい場合に適していますので、事務的な報告はもちろんのこと、転居や結婚、出産の報告などに活用されます。お中元やお歳暮のお礼にもはがきはよく利用されます。また、旅先からの絵葉書は相手を問わず喜ばれるものです。

 

封書を用いる際には、時候のあいさつや起こし文、結び文などの型をきちんと守って、大人っぽい印象を与えるよう気を配ってみてはいかがでしょう。はがきの場合は、短いため誤字、脱字に気をつけましょう。目上の人に送る場合や事務的な文書の場合はなるべく派手な封筒、はがきは避けましょう。

 

 

2015/07/27


この記事にいいね!しよう

いいね!
3

現在ログインしていません。

コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。