封筒の使い方 - 手紙の書き方 -

2

便箋を入れるときには

和封筒(たて書き)を使う場合、便箋は三つ折りが一般的です。まず、便箋を下から3分の1ほどど折り、次に上の3分の1を折って封筒に入れます。洋封筒を使う場合は、便箋を左右あわせて二つ折りにし、さらに上下を折って四つ折りにするのが普通です。

 

 

カードを入れるときには

封筒にバースデーカードやクリスマスカードなどを入れるときには、カードの表、つまり写真や絵があるほうを、封筒の表に合わせて入れます。招待状など、表に字があり裏が白地のカードの場合は、字のあるほうを表に合わせ、文章の書き出しが封筒の開口部にくるようにします。

 

 

洋封筒の封じ方

目上の方に手紙を出すときには、洋封筒でも封筒を縦位置(縦が長くなるような向き)に置いて、「封」「〆」「寿」などの文字を縦書きにするのがマナーです。ただし封じ方には注意が必要。左側から右に閉じるのは「不祝儀重ね」といって、会葬礼状など弔事のときだけ。一般の手紙や慶事のときには、必ず右側から左に閉じる向きにしてください。

 

 

2015/07/27


この記事にいいね!しよう

いいね!
2

現在ログインしていません。

コメント

  • ありがとうー
    2015/12/1911:44
  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。