名産品を贈るとき - 手紙の書き方 -

2

引越しや転勤を機に、お世話になった方や親しい友人と遠く離れてしまった、なんてこともあります。なかなか会うことはできないけれども、今後もおつきあいを続けていきたい…そんなときは、その土地の名産品を贈ってはどうでしょうか。お中元やお歳暮となるとややあらたまった感じになりますが、季節の便りとともに届ける贈り物なら、贈るほうも気軽ですし、贈られる側にとってもうれしい驚きがあるものです。喜んでいただけたら、毎年の“定期便”にするのも素敵ですね。

 

 

送り状には、いつ、何を送ったかを必ず書きます。品物によっては食べ方や保存法などを書き添えれば一層親切です。なお、品物については「産物」「品」とすること。「名産品」「逸品」などは、贈られた側が使う言葉ですから注意しましょう。

 

2015/07/27


この記事にいいね!しよう

いいね!
2

現在ログインしていません。

コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。