寒中見舞いの書き方 - 手紙の書き方 -

2

寒中見舞いは寒の入り(1月6日頃)を過ぎた10日頃から立春(2月4日頃)までに出すあいさつ状です。季節の便りとしてはもちろん、年賀状が遅れてしまったり、喪中に年賀状をもらったような場合も、寒中見舞いでごあいさつをするといいでしょう。

 

 

ただし、年賀状の返事とする場合でも、寒中見舞いに年賀はがきを使うのは失礼です。必ず別のはがきを用意しましょう。

 

2015/07/27


この記事にいいね!しよう

いいね!
2

現在ログインしていません。

コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。