「御中」「各位」「殿」「様」の使い分けは大丈夫? - 手紙の書き方 -

「御中」は社名や団体名の下に

会社や官庁、学校などの団体や組織、部署あてに手紙を書いたり書類を送ったりするときには、社名や団体名の下に必ず「御中」をつけます。例えば懸賞に応募するときでも、「○○製菓ラッキークイズ係御中」となります。ただし、「係」の下に「御中」をつけるのではなく、「係」の左横に「御中」をつけます。「御中」のつけ忘れは意外と多いようですが、相手を呼び捨てにすることになり大変失礼ですから、くれぐれも注意しましょう。

 

 

「各位」は大勢の人にあてるときに

複数の人に同時に出す文書で、個人名を省略するときに使うのが「各位」です。「△△スポーツクラブ会員各位」というように、主に公用文や商用文で用いられます。ちなみに「各位」とは“おのおのがた”、つなわち“皆様方”という意味ですから、「各位様」「各位殿」「各位御中」といった使い方は間違いです。

 

 

「殿」は目下の人に使うもの

「殿」は「広報部長殿」「山田専務殿」など、役職名もしくは個人名のついた役職名で手紙を出すときによく使われてきましたが、官庁が殿を使うので目下の人への敬称として用いられる感じがするので、最近では公用文・商用文でも「様」を使うことが多くなっています。「専務山田一郎様」というように、“役職、氏名、様”の順で書くようにするといいでしょう。

 

 

個人あてなら「様」がオールマイティー

「様」は個人への敬称として、最も多く使われています。きちんとした文字で丁寧に書くことを心がけましょう。

以前は、「様」の右下の部分を「永」「次」「水」と使い分けていました。「永」は目上の方へ、「次」は同輩へ、「水」は目下の方に出す場合に使われ、今でもそのように使う人もいます。

 

監修者

マナーデザイナー 岩下宜子先生

現代礼法研究所代表


NPOマナー教育サポート協会/相談役 理事。今日まで、「マナーは愛(思いやり、大切にするこころ)」を原点として、多くの企業、学校、商工会議所、各種団体等で研修指導、講演をおこなうと同時に、執筆活動、テレビ出演など幅広く活動している。書籍も多数あり、新聞や雑誌からの執筆依頼も多い。著書は『冠婚葬祭マナーの新常識』(主婦の友社)、『特別な日から日ごろのお付き合いまで 一生使える!大人のマナー大全』(PHP研究所)など140冊以上。 連載は、日経新聞プラスワン{マナーのツボ}月1回、読売中高生新聞『大人ステイ』毎月連載中。


経歴

昭和60年 現代礼法研究所設立。
平成15年 特定非営利活動法人(NPO)マナー教育サポート協会理事長に就任し、令和2年から相談役。

伊東市おもてなしマイスター制度専任講師
武蔵村山市第八小学校 元(文部科学省研究開発学校)運営指導委員


ベビーカレンダー記事制作の取り組み


この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

コメント

この記事にコメントする

残り2,000文字

専門家の記事&最新ニュースが550件以上!

ベビーカレンダー監修者はこちら

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)