安産祈願 - 戌の日ってなあに?

2

戌(いぬ)の日とは?

戌は昔から子沢山で安産だといわれ、それにあやかって安産を願い、戌の日に岩田帯(腹帯・さらし)を巻いて安産祈願を行います。生まれ年で「巳年」「辰年」などがあるように、実は一日一日にも干支が決められています。このため、戌の日は12日に1回の割合となり、一年365日の内、戌の日はおよそ年に30日ある計算になります。

 

岩田帯とは?

平安時代に使用されていた「斎肌帯(いはだおび)」が由来という説や、岩田という地域が綿の産地だったから、岩のように丈夫な子どもが生まれるように、など諸説あるようです。

 

 

いつ誰とどうやってお祝いすればいいの?

 

 

5ヶ月になった最初の戌の日にお参りするのが通例です。しかし、日数も限られなかなかタイミングも合わない場合もあるでしょう。各神社ではそうした方々のために、戌の日に祈祷を済ませた腹帯を用意してくれているところも多いようです。体調も良く好都合の日にお参りする、という選択で良いでしょう。

 

 

 

 

 

 

2015/07/14


この記事にいいね!しよう

いいね!
2

現在ログインしていません。

助産師に相談しよう!(無料)

ベビーカレンダーでは助産師に相談ができます。
知りたいことは助産師に質問してみましょう。
会員登録は不要です。

コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。