医療費控除とは

12

家族全員の1年間の医療費が10万円を超えた場合、所得税・住民税を減額または還付してもらえる制度です。会社員等で年末調整によって所得税の手続きを終えている人も税務署での確定申告が必要で、手続き後税務署から再計算された税金が還付されます。


 

医療費には、風邪や虫歯の治療をはじめ、分娩費や妊婦健診費等の出産にかかわる通院のほか、通院のための交通費なども含まれます。普段から、家族の医療費に関係する領収書は保管しておくようにしましょう。また、出産一時金や生命保険などから支給された補助金、給付金は支払った医療費の合計から差し引かれます。

 

なお、市販薬の購入が12,000円を超えた際に申請できるセルフメディケーション税制(医療費控除の特例)と医療費控除は重複して手続きできません。

 

申請払対象者

・毎年1月1日〜12月31日の間に、家族の医療費の合計が10万円を超えた人。

・所得が200万円以下の場合は、医療費が所得の5%を超えた人。

 

※夫婦とも収入がある場合は、どちらでも申請ができますが、所得の多い人が家族全員分の医療費をまとめて申請することが一般的です。

 

支給額

 

 

申請先

居住する地域の税務署

 

申請期間

医療費を支払った年の1月から5年以内

 

医療費控除の対象として認められる主なもの

・妊婦の定期健診や出産後の検診費用

・病気やケガの通院、入院、手術費用

・出産費用

・通院のための電車代・バス代
・通院のためのタクシー代(電車・バス等が利用できない場所や時間帯での通院、体調や病状を理由に電車・バスが使えない等の一定の要件あり))

・市販の薬代(ビタミン剤・サプリメント等は不可)

・不妊症の治療費・人工授精の費用

・人間ドック・健康診断受診後重大な疾病が発見され、引続きその治療を受けた場合の人間ドック・健康診断費用
・はり、灸、マッサージ(一定の場合を除く)
・介護のための家政婦に支払った付添料
・入院患者の食事代(病院で出されるもの)
・通院している子どもの付添いのための交通費
・海外旅行中、急病のため支払った医療費

 

 

医療費として認められない主なもの

・診断書作成費用
・予防接種の費用(一部例外あり)
・妊娠中絶費用(一定の場合を除く)

・無痛分娩講座の受講費用

・疲労回復のためのビタミン剤等購入

・漢方薬の購入費用(一定の場合を除く)

・脱毛、ホクロの除去等美容整形費用

・人間ドックの費用(一定の場合を除く)
・差額ベッド代(一定の場合を除く)
・検眼費用・メガネ(コンタクトレンズ)代
・マイカー通院のためのガソリン代、駐車場代

 

(監修/大野高志)

 

監修者・著者

ファイナンシャルプランナー 大野高志


1級ファイナンシャルプランニング技能士、CFP®(日本FP協会認定)。独立系FP事務所・株式会社とし生活設計取締役。予備校チューター、地方公務員、金融機関勤務を経て2011年に独立。教育費・老後資金準備、税や社会保障、住宅ローンや保険の見直し、貯蓄・資産運用等 多角的にライフプランの個別相談を行うとともにセミナー講師として活動しています。


2015/11/19


この記事にいいね!しよう

いいね!
12

現在ログインしていません。

助産師に相談しよう!(無料)

ベビーカレンダーでは助産師に相談ができます。
知りたいことは助産師に質問してみましょう。
会員登録は不要です。

コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。