戌の日とは?安産祈願はいつ行く?服装や初穂料、腹帯について

4

お腹に授かった赤ちゃんが無事に生まれてきてくれるのか、不安になってしまうママやパパも多いのではないでしょうか。赤ちゃんの健やかな成長と無事の出産を願い、戌の日に「安産祈願」を行うケースも珍しくありません。今回は、初めて赤ちゃんを授かったママやパパのために、安産祈願にまつわるさまざまなお役立ち情報を紹介します。

 

 

「戌の日」に安産祈願をする理由

日本では、古来よりその年を示す動物として「十二支」が親しまれています。12種類の動物が1年ずつ交代していくもので、年賀状のモチーフとして取り上げられるポピュラーな存在なので、知っている人も多いのではないでしょうか。実はこの十二支は、「年」だけでなく「日」にも割り振られているのです。12種類の動物が1日1日に割り振られており、「戌の日」はそのうちの11番目の日ということになります。戌の日の次は亥の日、その次は子の日なので、再び戌の日がやってくるのは12日後です。

 

戌の日は、妊娠出産に縁起の良い日として古くからお祝いの儀式が行われてきました。なぜ戌なのかというと、犬は一度に出産する子どもの数が多く、しかもお産が軽い場合が多いからです。このため、子沢山かつ安産の象徴として親しまれるようになりました。戌の日はそんな犬にあやかり、赤ちゃんが無事に生まれてきてくれるよう祈願する日として広まったのです。

 

戌の日は12日に1度やってくるので、本来はどのタイミングで安産祈願をしても構いません。しかし、実際には妊娠5カ月を迎えた最初の戌の日に安産祈願を行うケースが一般的です。5カ月目になると安定期に入り、赤ちゃんが流産してしまうなどの危険が低下します。この時期に、神社などに出向いて安産祈願をしてもらいます。神社によっては安産祈願に対応していないところもあるので、事前に問い合わせておくと良いでしょう。

 

また、妊娠5カ月目というのもひとつの目安にすぎません。妊娠中の女性の体は非常にデリケートで、安定期とはいえ切迫早産気味になったり、つわりが完全に治まらなかったりするママも珍しくないのです。安定期だからと油断して動き回ると、赤ちゃんやママに負担がかかって大変な事態になるおそれもあります。戌の日を重視するのではなく、あくまでも赤ちゃんとママの状態を最優先に考えて安産祈願の予定を立てることが大切です。安産祈願は、妊娠5カ月目の戌の日でないと行えないと決まっているわけではありません。万が一、当日に体調が悪くなった場合は日を改めるようにしましょう

 

 

2019年の戌の日カレンダー

戌の日は、毎年決まった日になるわけではありません。十二支が順番に割り振られていくため、年によって少しずつ日にちがずれていくのです。安定期を迎える年が翌年になる場合、うっかりしていると妊娠5カ月目の戌の日を逃してしまうので注意しましょう。また、月によっても日にちや曜日がバラバラなので、毎月戌の日がいつなのか確認しておくことが大切です。下記に2019年の戌の日カレンダーを記載するので、参考にしてみましょう。


■1月

1日(火) 13日(日) 25日(金)


■2月

6日(水) 18日(月)


■3月

2日(土) 14日(木) 26日(火)


■4月

7日(日) 19日(金)


■5月

1日(水) 13日(月) 25日(土)


■6月

6日(木) 18日(火) 30日(日)


■7月

12日(金) 24日(水)


■8月

5日(月) 17日(土) 29日(木)


■9月

10日(火) 22日(日)


■10月

4日(金) 16日(水) 28日(月)


■11月

9日(土) 21日(木)


■12月

3日(火) 15日(日) 27日(金)

 

 

安産祈願の儀式のひとつ「帯祝い」とは?

安産祈願では、お祓いや祈祷のほかに「帯祝い」という儀式を行うことも多いです。

帯祝いとは、お腹の赤ちゃんの成長や安産などを祈り、妊娠5カ月目の戌の日に「岩田帯」という腹帯をお腹に巻く儀式を指します。岩田帯とは特定の商品名ではなく、妊婦さんが使用する腹帯の総称のようなものです。「ゆはだおび(結肌帯・斎肌帯)」から転じたといわれています。帯祝いの歴史は非常に古く、日本最古の書物のひとつである「古事記」にも妊婦さんに帯を巻く記述が登場するほどです。

 

帯を巻く儀式を「着帯」と呼び、産婦人科や安産祈願を行う神社で着帯の儀式をしてくれるケースもあります。使用したい帯がある場合は、神社などに持参して祈祷してもらうようにしましょう。古くは帯を妊婦さんの実家側が用意してプレゼントするのが一般的でしたが、現代では慣習にこだわらず、ママが自分で使いたい帯を用意したり、神社から贈られる帯を使用したりするケースも珍しくありません。

 

一般的には、神社などで祈祷したあとに、ママやパパをはじめ親族などが集まって祝宴を開くことが多いです。祝宴の場所や場所には、特に決まりはありません。料亭やレストランで本格的に行うケースもあれば、自宅で出前を取るなどしてささやかに行うケースもあります。赤ちゃんとママの体調を第一に考え、体に負担がかからない範囲でお祝いをするようにしましょう。

 

 

帯祝いの「腹帯」とはどういうもの?

「腹帯」とは、帯祝いのときにママのお腹に巻きつける「さらし」のことです。赤ちゃんの成長と安産を祈って巻くものですが、使用目的はそれだけではありません。妊娠5カ月頃を過ぎると、赤ちゃんの成長にともなってママのお腹はかなり大きくなってきます。サイズだけでなく重みも増すため、子宮を支える腰に大きな負担がかかってつらい腰痛になることも多いです。そんなときに腹帯を巻くと、下腹部から子宮を支え、腰への負担を軽くすることができます。

 

また、お腹を保温するというのも大切な使用目的のひとつと言われています。妊娠中は赤ちゃんへ栄養を送ったり、出産に備えたりするために大量の血液を必要としています。このため、ママの体は一時的に血液不足の状態になりやすく、冷えやすい傾向にあるのです。ママの体が冷えると、赤ちゃんを包む子宮の温度まで下がりやすくなってしまいます。これでは赤ちゃんの成長に良くないので、腹帯をつけてお腹の冷えを少しでも防ごうとしているのです。腰痛軽減や保温だけでなく、衝撃や刺激などからお腹を守ることもできるので、赤ちゃんとママにとって役立つアイテムだと言えます。

 

腹帯は、お腹が大きくなる妊娠5カ月目頃から着用するのが一般的です。ただ、お腹の大きさは個人差もあるため、妊娠5カ月目を目安として腰痛や体の冷えを感じ始めたら腹帯を買うと良いでしょう。腹帯は、赤ちゃん用品を販売する店舗やインターネット通販サイトなどで手軽に購入することができます。メーカーや種類によって着用感がかなり異なるので、実際に試着して買った方が安心です。

 

安産祈願する際、腹帯は持参しなくても構いません。腹帯の扱いは神社やお寺によって異なり、持参したりお腹に巻いて行ったり、神社やお寺で購入したりとさまざまなスタイルがあります。たとえば、安産の守り神として全国的に有名な「水天宮」では、腹帯について特別な指定はしていません。持参したい場合は、別途相談してみましょう。また、祈祷済のさらしの腹帯や、腹帯をかたどった小さな布などが販売されており、現地で買うこともできます。富山市中心部で多くの市民に親しまれる「日枝神社」では、新品の腹帯を持参すればお祓いをしてもらえます。すでに使用中の腹帯は着用したままお祓いも可能です。もちろん、持参せずに安産祈願だけ行っても問題ありません。

 

そして、無事に出産したあとの腹帯は、基本的に自由に処分できます。さらしタイプは肌触りも良いので、赤ちゃんの肌着などに仕立て直す人も多いです。次の妊娠を考えていたり、思い出として残したかったりする場合は、大切に保管しておきましょう。使う予定がない場合は、安産祈願をしてもらった神社やお寺に持参すれば、お焚き上げをしてくれます。

 

 

腹帯と妊婦帯の違いについて

大きくなったお腹を保護する帯は、詳しく見ると「腹帯」と「妊婦帯」に分けられます。腹帯は、昔ながらのさらしタイプの帯を指し、伝統やしきたりなどを重視したい場合に使用されることが多いです。また、出産後に赤ちゃんの肌着などに仕立て直すこともできるため、思い出として大切に使っていきたい人などにも人気があります。ただ、長いさらしを巻き付けていくため、うまく装着できなかったり着脱に手間がかかったりと、使い勝手が悪くなりがちです。この難点を解決するため、腹帯の機能性をさらに高めて使い勝手を良くした「妊婦帯」が開発されました。

 

妊婦帯には、特徴が異なるさまざまな種類の帯があります。「腹巻タイプ」は、伸縮性のある素材ですっぽりとお腹全体を覆うため、保温効果に優れています。あまり締め付けないため、リラックスしたいときにも最適です。帯の圧迫感が苦手な人や、初めて妊婦帯を使う人などは腹巻タイプから始めてみると良いでしょう。「パンツタイプ」は、その名の通りパンツと一体化した帯です。腹巻タイプよりもサポート力が高く、しっかりとお腹を支えることができます。足を通して履くためズレにくく、素材も比較的薄手で服を着てもあまりラインが浮き出ません。パンツスタイルが多い人や、出産直前まで働く人などはパンツタイプが安心です。

 

「サポートベルトタイプ」は、妊娠7カ月目前後でお腹がさらに大きくなってきたママに最適な帯です。名前の通りベルト型をしており、締め付け具合を自分で細かく調節できます。立ったまま着脱でき、サポート力もしっかりしているので使い勝手が非常に良いです。「骨盤ベルトタイプ」は、妊娠中だけでなく産後まで使える帯です。お腹を支えるのはもちろん、産前産後に緩みがちになる骨盤をガッチリとサポートすることができます。骨盤の緩みや歪みを抑えると、妊娠中の腰痛や恥骨痛を軽減できるだけでなく、産後の骨盤の開きを早く戻せるようになります。腰痛や骨盤の緩みが気になる場合は、強力にサポートしてくれる骨盤ベルトタイプを選ぶと良いでしょう。

 

腹帯や妊婦帯と言っても、このように種類によって少しずつ機能が異なります。どの種類を選べば良いかは、自分がどのような悩みを持っているかによって変わります。着脱のしやすさやサポート力、腰痛軽減やズレにくさなど、それぞれが持つ特徴を正しく見極めて自分に一番合う種類を選ぶことが大切です。赤ちゃん用品を取り扱う店舗などでは、スタッフに相談すると実際に試着しながらおすすめの種類を選んでくれることもあります。自分だけで選べない場合は、プロのアドバイスも聞いてみると良いでしょう。

 

 

安産祈願の場所・服装はどうすればいい?

安産祈願を行う場合、一般的には神社やお寺などに出向いて祈祷してもらいます。基本的には自由に神社やお寺などを選ぶことができますが、神社やお寺によっては安産祈願を行っていないケースもあるので注意しなければなりません。

 

日本各地に安産祈願で有名な神社やお寺がありますが、祈祷の内容や初穂料などがそれぞれで異なります。神社やお寺によって、お守りやお神酒(みき)、腹帯としても使えるさらしなどお祝いの品をもらえることもあるので、事前に内容をよく確認して選ぶと良いでしょう。

 

また、中には毎日祈祷を行っており、事前予約なしでも安産祈願を受け付けてくれるところもあります。体調に不安がある場合や予定がなかなかハッキリしない場合は、当日でも安産祈願ができる神社やお寺などを選ぶと安心です。

 

誰と安産祈願に行くかという点も、特に決まりはありません。古くはママとパパ、お姑さんの3人が行くのが慣例のようでしたが、現代ではママが一人で行くケースもあれば、夫婦だけでなく両家の両親が揃って行くケースもあります。なかには友人と一緒に行くケースもあります。ただし、地域によってはその土地ならではの風習で誰が行くか決まっているケースもあるので、両親などに事前に確認しておくと良いでしょう。

 

安産祈願を行う神社やお寺は、神様や仏様がおられる厳かな場所です。このため、格式によっては服装のマナーなどにも注意が必要なことがあります。普段着で問題ないとしている神社やお寺なども多いですが、あまりカジュアルな服装は避け、ワンピースやスーツなど神さまに失礼にあたらないような服装にするのがマナーです。

 

祈祷は、神社やお寺の中でも最も神聖な場所である本殿で行うことが多いため、素足や露出の多いスカート、短パンなどでは断られてしまう可能性もあります。あくまでも、神様や仏様にお願いをする場所だということを忘れず、きちんとした服装を心がけるようにしましょう。

 

【ポイント】

・基本的には自由に神社やお寺などを選んでもよい

・安産祈願に行くのは誰でも良い(※但し地域によっては決められているので確認するのが良い)

・カジュアルな服装は避ける、できればママはワンピース、パパや他のご家族はスーツなど神さまに失礼に当たらない格好

 

 

ママが安産祈願にいけない場合は?

ママの体調やお腹の中の赤ちゃんの状態によっては、安産祈願に行きたくても行けない場合もあります。もちろん、ママが直接行くのが最善ではあるのですが、何よりも大切なのはお腹の赤ちゃんとママの体調です。安産祈願のために無理をして、切迫早産などの危険を引き起こしては元も子もありません。体調が安定しない場合は無理をせず、安産祈願は諦めて安静につとめるようにしましょう。

 

安産祈願をしなかったからといって、お産が必ず失敗するわけではありません。妊娠中、我が子の安産を願う気持ちを持ち続けていれば十分なので、たとえ行けなかったとしても気にする必要はありません。

 

体調が悪いものの、どうしても安産祈願に行きたい場合は、代理人に行ってもらうという方法もあります。パパや両親、兄弟姉妹など、家族の代理であれば祈祷を受け付けてくれるところも多いです。また、安産のお守りや祈祷済みの腹帯などを郵送で送ってくれる神社もあるので、代理人も行けないという場合は探してみると良いでしょう。

 

【ポイント】

・安産祈願は必ず行かなければならないわけではない

・どうしても安産祈願をしたい場合は代理人(パパや他のご家族)に行ってもらう方法もある ※ご家族の代理であれば祈祷を行ってくれるところもある

・安産のお守りや祈祷済みの腹帯を送ってくれる神社もある

 

 

安産祈願するときの流れ(神社の場合)

ここでは、神社で安産祈願する際の神社に着いてから祈祷をしてもらって帰るまでの流れについて解説します。

 

1.神社に到着~受付・待合まで

鳥居をくぐる前に一礼します。鳥居の向こうは神様がいる場所なので、きちんとご挨拶をしなければなりません。参道を歩くときは、神様の通り道である真ん中は避けて両端を歩くようにしましょう。

 

次に、手水で手と口を清めます。本殿の入り口付近に「手水舎(ちょうずしゃ)」という参拝者が身を浄めるために手水を使う建物がありますので、そこで俗界のけがれを落として身を清めてから神様の前に出るため、手や口を洗い身を清めます。

 

【手水で清める手順】

1.まずは左手、次に右手を洗います。

2.左の手のひらに水を受けて口をすすぎます。

3.再び左手を洗います。

4.最後に柄杓の柄を両手で持ち、水をすくう側を立てるように上げて、持っている柄の部分に水が流れるようにして柄を洗い流します。

 

以上でお清めは終了です。

※この時、手水で手や口を清めるとき、ひしゃくを直接口につけるのは厳禁です。ひしゃくはほかの人も使うため、直接口を付けないように気をつけましょう。

 

祈祷所に着いたら、社務所などで安産祈願を申し込みましょう。このとき、祈祷に必要な初穂料を支払うことが多いです。手続きが済んだら、待合室などで自分たちの名前が呼ばれるまで静かに待ちます。神様がいる場所であることを忘れず、雑談など会話をしたり動き回ったりするのは控えましょう。

 

その後、順番が来たら本殿で祈祷が行われます。混雑する日などは、複数の家族が同時に祈祷することもあります。

 

2.祈祷

祈祷の際は、軽く頭を下げながら神主の祝詞を聞くのがマナーです。祈祷の最中は神主さんまたは巫女さんより指示がある場合もありますのでその指示に従うのが良いでしょう。

場合によっては、ここで「二拝・二拍手・一拝」が行われることもあります。二拝・二拍手・一拝とは、神様への敬意を示す行動のことです。まず2回深く頭を下げ、次に胸の高さで手のひらを合わせて2回手を打ち合わせます。これにより、神様を招いて自分の願いを伝えます。最後にもう一度頭を下げて神様に感謝を伝え、お見送りをします。

 

神社によっては独自の参拝方法をとっている場合もありますが、これが基本的な祈祷の流れとなります。※祈祷をしている最中は、記念のイベントだからと、写真や動画を撮影したり、スマートフォンをいじったりするのはやめ、きちんとに神様にお祈りましょう。

 

祈祷が終わると、安産のお守りや腹帯などお祝いの品を受け取ります。(※安産祈願の申込が済んだ時点で渡される神社もあります)

 

3.祈祷後~帰るまで

すべての手続きが済んだら、来たときと同じように参道の端を歩いて帰りましょう。

 

 

初穂料や御祈願料(お布施)の目安は?

神社で安産祈願を行う場合は「初穂料」、お寺で安産祈願を行う場合は「御祈祷料またはお布施」が必要になります。初穂料や御祈願料とは、神主や住職に祈祷を行ってもらうための費用のことで、本来は神様や仏様へのお供えという意味合いが強いです。神社の初穂料について説明しますと、稲作が盛んにおこなわれていた日本では、古くから神様への感謝の気持ちを込めてその年最初に収穫した稲穂をお供えする風習がありました。現代社会では貨幣が使用されるケースがほとんどなのですが、本来の意味を大切にして「初穂料」と呼び続けられているのです。

 

初穂料は、あくまでも神様への感謝の気持ちをお供えするものです。このため、初穂料の金額は全国一律で決まっているわけではありません。それぞれの神社が独自に金額を設定しており、2,000円~1万円の範囲で支払うケースが多いです。なかには「5,000円以上お志」など、参拝者に任せているところも少なくありません。神社によってはホームページなどで初穂料を明確に記載していないところも多いので、いくら準備すれば良いのか悩んでしまう人も多いです。金額に悩んだときは、神社に直接問い合わせてみるのも良いと思います。

 

実際に初穂料を支払うタイミングについてですが、一般的には安産祈願の受付のときに現金を支払う場合が多く、事前振込やクレジットカードなどに対応している神社はあまりないので注意しましょう。初穂料や御祈祷料は新札をのし袋に入れて準備しておくのがマナーとしては望ましいですが、神社によってはのし袋を不要としているところもあります。支払い方についても気になる場合は、直接問い合わせてみても良いと思います。

 

 

参拝の事前予約は必要?

安産祈願をする神社またはお寺を決めたら、まず祈祷に事前予約が必要か確認をしましょう。

大きな規模の神社やお寺、安産祈願で有名な神社やお寺の場合は毎日祈祷を行っているので事前予約なしでも安産祈願を受け付けてもらえたり、そもそも予約が必要無いというところもありますが、祈祷をする人が大勢いた場合や神主や住職が不在の場合は、せっかく参拝しても祈祷できない可能性がありますのでホームページや直接電話をするなど確認をしておくことは必要です。

 

安産祈願で参拝しようと思っている神社やお寺が予約なしの場合は基本的には先着順で祈祷を申し込むので、曜日や時間帯によってはかなり待たされる可能性もあります。有名な神社では、戌の日や休日になると1時間以上並ばなくてはならないこともあるので注意が必要です。

 

 

まとめ

安産祈願は、古くから伝わる儀式ですが、妊娠5カ月目の戌の日に必ず行わなければいけない決まりではないですし、腹帯についても色々な種類のものがあったりと、こうでなければいけないというものでもありません。出産の無事を願う儀式を行うことはとても大事なことですが、一番大切なのはママの体調ですので、ママの体調と相談して安産祈願を行うかを判断すると良いでしょう。安産祈願をする場合は、参拝する場所の事前の確認や服装、参拝時のマナーには気を付けて行うようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

【安産祈願 神社・寺 都道府県別リンク】

 

■北海道

 

■東北

 

■関東

 

■甲信越

 

■北陸

 

■東海

 

■関西

 

■中国

 

■四国

 

■九州・沖縄

 

 

◆妊娠16週に関するQ&A

 

 

◆戌の日の体験談

私と弟が生まれる時も、母に代わって私達の祖父母が、関西では安産祈願で有名なお寺に行ってくれたそうなので、私の両親が同じお寺に行ってくれました。戌の日には形式的に腹帯を巻きましたが、その頃はまだ仕事をしており、会社には報告してなかったので目立たないよう普段はガードルで過ごしていました。会社を辞めてもしばらくは真夏で暑かったのでガードルで過ごし、少し涼しくなってからはできるだけ腹帯を巻くようにしました。ガードルよりも安定感があった気がします。 余談ですが、腹帯にはお礼参りでその腹帯を納めた赤ちゃんの生まれ年(干支)と性別が書いてあり、それとは逆の性別の子が生まれるとの言い伝えがあります。私の時は男、弟の時は女と書いてあったそうで、少なくとも我が家の関係者の間ではかなりの信頼度でした。ところが私と弟の奥さんが授かった腹帯にはともに男と書いてあり、生まれたのは両方とも男の子でした。戌の日の時点ではまだ性別はわかりませんが、私も義妹もなんとなく男の子かなと思っていたので、母の勘の方が当たるということですよね。

きょん×2 さん

仕事の都合もあって、戌の日にはお参りできませんでしたが、ちょっとずらして平日に主人と2人でお参りしました。夏の暑い時期だったので、空いている平日でかえって良かったなと思いました。5千円くらいかかりましたが、戌の絵のさらしと安産のお守り、お札を頂き、拝んで頂きました。さらしはあまり使いませんでしたが、無事、安産でした。

こみえママ さん

地元で安産の神様として有名な神社で安産祈願をしてもらいました。腹帯にハンコを押してもらいました。私は仕事で行けなかったので母が代理で行ってくれたのですが、それでもちゃんとお祈りしてくれました。腹帯は、さらしタイプは使わないと思ったので、ガードルタイプのものを2つ買って神社に持ち込みましたが、履き心地で好き嫌いがあったので同じほうばかり使いました。もし可能であれば試着とかしたほうが安全かも?

mamatan さん

 地元の有名な神社に、戌犬の日に安産祈願に行って腹帯とお札をいただきました。精神的にも落ち着いたし、行って良かったと思います。無事出産後は、腹帯を返しにお礼参りにも行きました。

ゆうこ さん

 

その他の戌の日の体験談

2019/02/05


この記事にいいね!しよう

いいね!
4

現在ログインしていません。

助産師に相談しよう!(無料)

ベビーカレンダーでは助産師に相談ができます。
知りたいことは助産師に質問してみましょう。
会員登録は不要です。

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。