絨毛膜下血腫で自宅安静になりました

妊娠11週の半ばと12週の半ばに、ごく微量の出血がありました。ティッシュで拭くとかすかに付く程度で、安静にするとその日のうちに出血は止まりました。受診したところ、お腹の赤ちゃんはとても元気でしたが、絨毛膜下血腫で微量の出血がときどきあるとのことで、止血剤と子宮の収縮を抑える薬を処方されました。
出血が増えたり、下腹部に痛みが出たらすぐに受診するよう言われ、また「次の診察日までの半月間の外出をせず、無理してはいけない」と言われました。流産の心配はなさそうなのですが、不安で仕方がありません。
絨毛膜下血腫は4~5ヶ月で収まると聞いたのですが、神経質にならない方がいいのでしょうか? 2度の流産後に授かった大切な命なので、心配でたまりません。
 

出血を伴った妊娠初期の切迫流産では、超音波検査によって、しばしば胎のうの外側に出血がある血腫像が見られることがあります。これを「絨毛膜下血腫」と呼び、切迫流産の11~18%に認められます。
血腫が大きいものは流産を起こしやすいので、慎重な管理が必要ですが、たいていは自然に吸収されるか、茶色がかったおりものとなって排出されます。
処方薬を飲んで安静にし、様子を見るのがいちばんです。治癒まで4~5ヶ月もかかることは少なく、たいていは1~2週間くらいで落ち着くでしょう。

質問に対する答えは、あくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。

監修者プロフィール

天神尚子(てんじんひさこ)先生

三楽病院産婦人科科長を勤めた後、2004年2月、三鷹レディースクリニックを開業。

このQ&Aにいいね!しよう

現在ログインしていません。

ベビーカレンダー監修者はこちら

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)