逆子で帝王切開が確定する時期はいつごろですか?

現在2人目の子を妊娠しており、妊娠24週です。胎動を腹部の下の方で感じており、健診で確認したところ、逆子でした。今の時期に逆子でも特に問題はないようですし、担当医の先生からも特に何も言われていません。
しかし、どのくらいの時期までに逆子が直らないと帝王切開になるのか心配になってきました。また、逆子を直す体操は、いつごろから始めればいいのでしょうか?
 

分娩時の骨盤位(逆子)は、全分娩の3~5%くらいです。妊娠中期には胎児の頭の位置は定まっておらず、半数くらいの人が骨盤位になっています。その後、多くの場合は胎児が自己回転するため、自然に頭位(胎児の頭が下方にある状態)になります。
頭位に比べると、骨盤位は分娩時のリスクが高くなるため、帝王切開になることが多いです。妊娠34~35週の時点で骨盤位のままであれば、帝王切開の予定が組まれるでしょう。
また骨盤矯正体操(逆子を直す体操)は、一般的には妊娠30週前後で指導されることが多いです。

質問に対する答えは、あくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。

監修者プロフィール

天神尚子(てんじんひさこ)先生

三楽病院産婦人科科長を勤めた後、2004年2月、三鷹レディースクリニックを開業。

ベビーカレンダー監修者はこちら

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)