MRSAの感染が心配です

5
妊娠・出産のQ&A

MRSAの感染が心配です

現在、第2子を妊娠中の8カ月の妊婦です。3歳になる上の子が、急性中耳炎を繰り返し、2週間ほど抗生物質を服用して、耳の中にも抗菌クリームを塗っていました。抗生物質の影響で、耳の中の菌のバランスが崩れてしまい、急性中耳炎の後にカビ菌が発生しました。そのときは、抗生物質の入った点耳薬と抗菌クリームを耳の中に塗っていました。1週間ほどで治ったかに思えましたが、2日後には再び耳ダレが出て検査をしたところ、今度は「黄色ブドウ球菌(MRSA)」が検出されました。今は「イソジン」で耳の中を洗い、抗菌クリームを耳の中に塗っています。子どもとは添い寝をしており、排便もまだトイレでできないので、おむつに排便するのを毎回私がお尻を拭いて処理しています。「おなかの子に感染したら」と思うと、上の子のお世話もためらいがちになってしまいます。抱っこや入浴など、何か気をつけることや、やってはいけないことなどはありますか? また、おなかの子や私に感染したら、生まれてくる赤ちゃんにどのような影響がありますか?

 

「MRSA」は、黄色ブドウ球菌の抗菌剤に高度耐性を持った菌のことです。日常生活では、どこにでもいるような菌ですが、新生児や幼児、病人など免疫機能が未熟だったり低下している人にとっては、感染すると重症化することがあるので、注意が必要になります。 ただし健康な大人の場合は、心配いりません。子どもの世話をしたあとは、よく手洗いをすることが大切でしょう。赤ちゃんが生まれるころには、上のお子さんも完治しているでしょうし、問題ないと思います。

質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。

監修者プロフィール

三鷹レディースクリニック院長
天神 尚子(てんじんひさこ)先生

三楽病院産婦人科科長を勤めた後、2004年2月、三鷹レディースクリニックを開業。

このQ&Aにいいね!しよう

いいね!
5

現在ログインしていません。

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。