37.3~37.8度の熱が続き心配です

8
妊娠・出産のQ&A

37.3~37.8度の熱が続き心配です

妊娠5~6週の初妊婦です。普段、朝起きると36.5度ぐらいの熱なのですが、流産を防ぐ注射をお尻に受けた次の日から、4日間ほど猛烈なだるさ吐き気、37.3~37.8度の熱でうなされています。もちろん安静にしてますし、出血もしておりません。
大事な時期でもあるので障害が出ないか心配です。外出もしていないし、鼻水、のどの痛み一切ないので風邪や膀胱炎ではないと思います。病院に電話すると「40度を超えても薬を出せない時期なので、寝ておいてください」といわれましたが、雑誌などでは「38度近くの熱が出る場合は病院へ」と書いてあるし、とても不安です。

 

おそらく、妊娠維持作用のある黄体ホルモンを注射してもらったのではないかと思います。この注射の副作用としては、吐き気、嘔吐、倦怠感、頭痛などがあり、37.5度前後の微熱が出ることもあります。
ただし、38度以上の高熱になることは、通常ありません。数日たつと、落ち着くのではないかと思われます。

質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。

監修者プロフィール

三鷹レディースクリニック院長
天神 尚子(てんじんひさこ)先生

三楽病院産婦人科科長を勤めた後、2004年2月、三鷹レディースクリニックを開業。

このQ&Aにいいね!しよう

いいね!
8

現在ログインしていません。

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。