基礎知識〜専門家が監修!妊娠・出産・育児のこと〜

妊娠前・妊活コラム一覧

137件
  • 子宮内膜症

    子宮内膜症について医師がわかりやすく解説しています。

  • 子宮筋腫

    子宮筋腫について医師がわかりやすく解説しています。

  • 淋病

    淋菌という細菌によって起こります。クラミジア感染症の次に多い性感染症です。

  • 性器ヘルペス

    単純ヘルペスウイルスによって感染します。初回の感染では痛みが激しく日常生活も困難になるため、入院治療になることもあります。

  • カンジダ腟炎

    カンジダというカビの一種が腟内で繁殖して、炎症を起こします。体の抵抗力が落ちたときに感染しやすい病気です。

  • 妊娠前の内科的な健康診断

    妊娠前に受けるべき健康診断としては、婦人科検診のほかにも自治体や健康保険組合でおこなう内科的な健診が必要です。自治体でおこなう健康診断は40歳以上が対象とされることが多く、妊娠しやすい年齢の女性は受けられない場合があります。

  • マンモグラフィー検診

    乳がんが気になる人は「マンモグラフィー検診」を受けましょう。妊娠中は女性ホルモンのエストロゲンの分泌が高まるため、乳がんにかかっていると進行しやすくなります。また、妊娠の経過とともに乳房が張ってくるため、しこりを自覚できなくなります。

  • 妊娠前に受けておきたい予防接種

    妊娠前のブライダルチェックの際におこなう血液検査では、風疹の抗体を調べることが非常に大切になります。妊娠中に風疹にかかると、おなかの中の赤ちゃんも風疹ウイルスに感染することがあり、出生後、先天性風疹症候群を発症する恐れがあるからです。

  • 妊娠前に受けておくベき婦人科以外の治療

    妊娠前から持病がある人は妊娠・出産、産後の育児が可能かどうか、妊娠できる時期や妊娠時の注意点について主治医(専門医、産婦人科医の双方)とあらかじめよく相談する必要があります。

  • 子宮頸がん

    子宮頸がんについて医師がわかりやすく解説しています。

  • 妊娠検査薬を使うタイミング

    妊娠すると、尿の中にhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)というホルモンが分泌されます。妊娠検査薬はこのホルモンの濃度を測ることで妊娠の有無を調べます。

  • 基礎体温の基本と正しい測り方

    妊娠したいならまず基礎体温を測りましょうと言われますが、どうしてなの? 正しい測り方って? そんなあなたに基礎体温について教えます。

  • 基礎体温グラフの見方

    さて、基礎体温を3カ月つけたところであなたのグラフはどのようになりましたか? ここではホルモンバランスのいい理想的な基礎体温のグラフと妊娠しやすい時期の見分けかたについてお伝えします。

  • 生活習慣を見直そう!

    赤ちゃんが欲しいなと思ったら、まずは生活習慣の見直しから。当たり前のようでも意識しないとできないことも多いので1つずつ改善していきましょう。

  • 妊娠検査薬で陽性反応が出た!いつ病院に行く?

    妊娠検査薬で陽性反応が出た!だからといって安心はできせん。陽性反応イコール正常妊娠ではありませんし、胎児の成長が順調かを知るためにも、必ず産婦人科を受診しましょう。

  • 計画的な妊娠と避妊Q&A

    避妊方法や中絶の影響など、望まない妊娠を避けるためにも知っておきたい正しい情報をQ&A形式でまとめています。

  • 卵巣チョコレート嚢胞(のうほう)

    30代女性の5人に1人に起こると言われるほどよくある病気、卵巣チョコレートのう胞について医師が詳しく解説しています。

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。