男女産み分け法について教えてください。

14
妊娠・出産のQ&A

男女産み分け法について教えてください。

2人の男の子のママです。来年の春頃に3人目を出産したいと思い、これから色々な産み分け法を勉強しながら子作りしようと考えております。今は、色々な本を購入したり、情報を得たりしております。今回は、なんとしても女の子が欲しいと思っております。
魚を多く食べると女の子ができるとか、コーヒーをあまりパパに飲ませないようにした方がよいとか、酢物を食べた方がよいとか、最近たくさん情報を得ましたが、本当なの?と疑うことも多しです。その辺、本当のところどうなのでしょうか?  
病院の方でも、薬などにより産み分けが出来る方法もあると聞きましたが、どこの産婦人科でもやっているのでしょうか? また、その薬で妊娠したとして、母胎には悪影響はないのでしょうか? 産み分けの確率的には高いのでしょうか?

 

女の子を産むためにはX染色体をもつX精子を、男の子を産むためにはY染色体をもつY精子を選ぶ必要があります。
Y染色体は酸性に弱いため、膣内が酸性に傾いているとほとんど死滅してしまいます。コーヒーや酢の物がよいというのも、母体を酸性にするためです。こうした民間療法は100%とはいえませんが、効果があったという方はたくさんいます。また、基礎体温を正しく計り、膣の酸性度が強い日を選んでセックスをする方法は成功率も高いので、長期間基礎体温表をつけ、体温の高低が規則的になるように調整されてみるとよいでしょう。
病院で行う最先端の医療行為としてはパーコール法など確率の高い方法がありますが、PL法の施行等により日本では現在認められておりません。

質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。

監修者プロフィール

三鷹レディースクリニック院長
天神 尚子(てんじんひさこ)先生

三楽病院産婦人科科長を勤めた後、2004年2月、三鷹レディースクリニックを開業。

このQ&Aにいいね!しよう

いいね!
14

現在ログインしていません。

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。