熱を出すと異常行動を起こします

熱を出すと異常行動を起こします

小学4年生になったばかりの息子は、ここ3年ほど、発熱するたびに異常行動が出ます。寝ていたと思うと、急に走りだしたり、訳の分からないことを言います。つい先日は、周りが静かなのに、耳をふさいで「これ以上しゃべりかけないで!」とわめいていました。落ち着いてからそのときのことを聞くと、本人も自覚しているようで、「頭の中で音がワンワン鳴っている感じ」ということです。
こうした症状は、熱が下がれば出ませんし、一般的に成長すれば出なくなるとも聞きますので、さほど心配はしていません。しかし、今後も続くようだと、のちのち脳の障害が起こる可能性があるのではないかと気になっています。異常行動が出やすい子の特徴などは、あるのでしょうか?

専門家の回答

ご相談の内容からは、「熱譫妄」(ねつせんもう)と呼ばれる症状だと思われます。高熱により意識が混濁し、脳細胞から色々な化学物質が放出されると、さまざまな精神神経症状が出現し、幻視、幻覚、幻聴などが起こります。また、筋肉には抑制がかかっていないために、体を動かすことができ、幻覚などに反応して行動して異常行動が生じます。
高熱時には、解熱剤を使用したり、頭部や体を冷やしてあげましょう。成長とともに、落ち着いてくると思います。
このお子さんの場合は、発熱での異常行動が数回あるようなので、「熱譫妄」と言えますが、脳炎でも同様な症状が出ます。したがって、読者のお子さんに初めてこのような症状が見られた場合には、医療機関を受診しましょう。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者三石知左子(みついしちさこ)先生

東京女子医科大学母子総合医療センター講師などを経て、葛飾赤十字産院院長。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る