小学生ですが曲線を切る、なぞる動作が苦手です

小学生ですが曲線を切る、なぞる動作が苦手です

7歳の息子は、はさみで曲線を切るのが苦手です。鉛筆で細かい点をつないだり、曲線をなぞることも難しいようです(自由に描く場合は、楽しそうに描きます)。また、字を書くのも苦手です。
幼児のころ、「危ないから」と言って、家ではさみなどをほとんど使わせなかったのが原因かと思っています。特別に練習などをさせないと、不器用さが残ってしまうのでしょうか?

専門家の回答

字がうまく書けない、箸やはさみをうまく使えない、スポーツが下手という不器用なお子さんはいます。そうしたことで日常生活や勉強に影響が出たり、体のバランスや姿勢にも問題があるようでしたら、「発達性協調運動障害」の可能性があります。ご心配であれば、一度小児神経医などに診てもらい、アドバイスを受けるといいでしょう。
特に日常生活に問題がない場合でも、不器用さをそのままにしていても、器用にはなりませんので、練習していく必要があります。ただし、訓練的な練習はつまらないので、本人が楽しんで取り組める工夫が必要です。たとえば、親も一緒に課題に取り組む、よくできたらほめる、成功体験を持たせる、といったことを心がけてみるといいでしょう。スポーツでは、コーチなどの専門家の個人指導を受けるのも、よい方法です。最近は勉強と同様な、スポーツの家庭教師もいるようです。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者三石知左子(みついしちさこ)先生

東京女子医科大学母子総合医療センター講師などを経て、葛飾赤十字産院院長。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る