風邪で平熱に戻った後、ミルクの量も尿の回数も減りました

風邪で平熱に戻った後、ミルクの量も尿の回数も減りました

生後3カ月になったばかりの男児について質問します。先日の夜中に39℃の熱を出し、夜間診療に連れていきました。診察の結果、風邪だと言われ、翌朝には平熱に戻りました。
しかし、熱は下がったのですが、くしゃみ、鼻水が止まらず、不機嫌な状態が続いています。さらに、ミルクをいつもの半分くらいの量しか飲まず、尿の回数もいつもの半分くらいです。また、それとは関係ないのかもしれませんが、大泉門が凹んだままなのが気になっています。

専門家の回答

ミルクを飲む量が少なければ、当然、尿の回数も減ります。哺乳量が減ったままでは脱水になってしまうので、こまめに飲ませる、鼻を吸って少しすっきりさせてから哺乳させる、麦茶や水を水分補給として補って与えてみる、などの工夫をしてみてください。
鼻水が続くと鼻から呼吸ができないので、思うように飲めず、哺乳量が減ってしまいます。脱水が進むと大泉門も凹みます。しかし、ご質問の内容からはどの程度の凹みなのか分からないので、哺乳量が減ったままであれば、一度小児科を受診してご相談ください。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者三石知左子(みついしちさこ)先生

東京女子医科大学母子総合医療センター講師などを経て、葛飾赤十字産院院長。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る