飲酒は母乳にどのように影響しますか?

飲酒は母乳にどのように影響しますか?

 母乳で育てているので、飲酒はよくないと自分に言い聞かせているのですが、どうしてもやめられません。少しだけならと甘えて飲んでしまって、いつもあとで自己嫌悪に陥ってしまいます。やはり、きっぱりとやめた方が赤ちゃんのためでしょうか?

 現在、5ヶ月になる子を母乳で育てています。 ビールなどがとても好きで、たまに飲んでしまうのですが、母乳に影響を与えるのではないかと心配です。飲まないに越したことはないのでしょうが、2人の子どもの育児でストレスを発散するために飲んでしまいます。

 どのくらいの頻度で、どのくらいの量を飲むと影響が出るのでしょうか? 私は1日に350ml缶1本ほど飲んでいます。

専門家の回答

 アルコールは、母乳中にも血液中とほぼ同じ濃度で分泌されます。大量に飲酒した場合、赤ちゃんが急性アルコール中毒となり、呼吸数が減ったり脈が遅くなったりします。
 少量の飲酒は問題ないと言われていますが、授乳回数が多いうちは控えたほうがよいでしょう。夜間の授乳がなくなってきたら「ホッと一息」としてどうぞ。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者三石知左子(みついしちさこ)先生

東京女子医科大学母子総合医療センター講師などを経て、葛飾赤十字産院院長。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る