乳口炎に悩まされています

乳口炎に悩まされています

産後41日目になります。母乳のみで育てていますが、昨日、おっぱいのしこりに気づいて受診したところ、乳口炎と乳腺炎と診断されました。
助産師さんにマッサージをしてもらい、しこりはとれましたが、乳頭にできた白いものが取れません。ときどき、乳首付近に針を刺すような痛みも感じます。
抗生物質を処方されて飲んでいますが、乳頭にできた白い部分は変わらず、さらにもう1か所白くなりかけた部分もあります。この白い部分は、そのうちなくなるのでしょうか? それとも、新たに乳口炎ができているのでしょうか? 乳口炎の予防法と、なってしまったときの対処方法も教えていただければと思います。

専門家の回答

乳頭についた白いものは、乳管口にたまった乳汁のカスではないかと思われます。オリーブオイルなどをつけて、軽くこすれば取れることが多いです。
乳口炎を予防するには、乳頭の乳汁が残っている部分に雑菌の感染が起こらないようにケアをすることが大事です。そのためには、授乳前後に乳頭を清拭綿で拭いて清潔に保ったり、乳房マッサージで乳汁の分泌を促して、飲み残した乳汁を絞りだしておくとよいでしょう。乳汁が出づらくなったり、しこりが気になり始めた方の乳房から授乳を始めるのもよいと思います。
赤く腫れているときには軽く冷やし、痛みが強くなったら抗生物質の処方、また過剰に乳汁が出るときには、分泌を抑制させる薬の処方も必要になることがあります。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者三石知左子(みついしちさこ)先生

東京女子医科大学母子総合医療センター講師などを経て、葛飾赤十字産院院長。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

出産に見ておきたい動画
もっと見る