野幌森林公園

[ベビーシート]
2016/06/28 更新
0 1174

野幌森林公園

北海道札幌市厚別区厚別町小野幌53-2

公式ホームページ

Tel.011-898-0455

  • 基本データ
  • 口コミ
  • MAP

大都市近郊に残された平地林。この公園は、1968年(昭和43年)に北海道百年を記念して道立自然公園に指定されました。 面積は2,051ヘクタール、札幌市・江別市・北広島市の3市にまたがる野幌丘陵に位置しています。 大都市近郊ながら、まとまった面積の森林が残され、さまざまな動植物を観察することができます。

営業時間

なし ※ただし、正面入口は22:00〜7:00まで車道ゲート閉鎖。

主な公園施設

なし

ベビー情報

○総合案内所脇トイレ(ベビーシート、ベビーキープ有)○開拓記念館内トイレ(ベビーシート有

4
1/1
並び替え

とても広くて自然いっぱいの公園です。お弁当を持って行き、家族で一日中過ごすことができます。百年記念塔もあり、景色もいいです。また、山菜やキノコも採れるので、年配の方も山菜採りに来ています。フキノトウ(フキ)やヨモギなら山菜がわからなくても採れるので、オススメです。また、公園を一回りすると、結構な散歩になりますよ。遊びに行くなら、ボールやバドミントン、子供が遊べるおもちゃを持って行くといいと思います。

2010/07/28

原生林の素敵な森です。森の入り口がいろんなところにあるので、ぜひ探検してみてください。でも、本当に広いので地図をちゃんと見て行きましょう!夏は朝早く行くと鳥が、少し遅く行くとセミなどの虫が元気に鳴いています。冬になるとスキーで探索も出来ます。運がよければフクロウにあえるかも!

2007/01/16

名前の通り周りには森林が多いが、地面は草なので敷物をひいてお弁当を食べたり、走り回ることもできます。広いので楽しいと思います。他にも有料で楽しめる、おじいちゃん・おばあちゃんも一緒に楽しめそうな施設があるので家族行くのにお勧めです。

2006/01/22

百年記念塔やとても自然が沢山あります。交流館も有り、体験や隣に「開拓の村」もあり、昔の建物を再現し、今でも昔の遊びなどもやっています。村に行くと現在と昔の生活模様が見られ、時代を感じるほどです。大人が行ってもとても懐かしく思い、親子で楽しめます。

2005/06/27

アクセス

公共交通機関

○記念塔口方面(北海道百年記念塔、北海道開拓記念館、北海道開拓の村が比較的近い) JR新札幌駅(札幌市営地下鉄新さっぽろ駅)下車、新札幌駅バスターミナル北レーン10番乗り場 又は、JR森林公園駅東口バス停からJRバス「開拓の村」行きに乗車。「野幌森林公園」バス停下車○大沢口方面(野幌森林公園自然ふれあい交流館が比較的近い)(1)JR新札幌駅(札幌市営地下鉄新さっぽろ駅)下車、新札幌駅バスターミナル北レーン10番乗り場 からJRバス「空知線 循環82」又はJRバス「空知線 循環83」に乗車。「文京台南町」バス停下車。 徒歩9分。(2)JR新札幌駅(札幌市営地下鉄新さっぽろ駅)下車、新札幌駅バスターミナル北レーン12番乗り場 から夕鉄バス「文京通西」行きに乗車。「大沢公園入口」バス停下車。徒歩7分。

お車

(記念塔口)○札樽自動車道「大谷地IC」から約15分(札幌市中央部、小樽方面から)○道央自動車道「江別西IC」から約20分(旭川方面から)○道央自動車道「札幌南IC」から約15分(千歳、室蘭方面から)

駐車場情報

300台(9:00?17:00 有料 普通車300円/日、バス620円/日、二輪車(バイク)200円/日)

最新フォト

新着口コミ

とても広くて自然いっぱいの公園です。お弁当を持って行き、家族で一日中過ごすことができます。百年記念塔もあり、景色もいいです。また、山菜やキノコも採れるので、年配の方も山菜採りに来ています。フキノトウ(フキ)やヨモギなら山菜がわからなくても採れるので、オススメです。また、公園を一回りすると、結構な散歩になりますよ。遊びに行くなら、ボールやバドミントン、子供が遊べるおもちゃを持って行くといいと思います。

2010/07/28

原生林の素敵な森です。森の入り口がいろんなところにあるので、ぜひ探検してみてください。でも、本当に広いので地図をちゃんと見て行きましょう!夏は朝早く行くと鳥が、少し遅く行くとセミなどの虫が元気に鳴いています。冬になるとスキーで探索も出来ます。運がよければフクロウにあえるかも!

2007/01/16

条件からおでかけ先を探す

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

公園掲載について