「全部なかったんだ…」自分の愚かさに涙を流す夫。自己中だったこれまでの言動を後悔して #僕と帰ってこない妻 328

「僕と帰ってこない妻」第328話。仕事と自分にしか興味がない夫。日頃から娘のことに無関心な夫に、妻は不満が募っていた。そして夫が娘の1歳の誕生日を忘れて飲み会へ行ったその日、妻は家を出て離婚を決意した。

妻の実家へ行って話し合おうとしたけれど、夜遅くに突然訪問したのもあって、家には泊めてもらえなかった。マンガ喫茶に入り、狭い部屋の中、夫はゴロンと寝ころんで、これまでのことを思い返した。

 

妻から「娘に関心がない」と言われるまで、自分が娘を見ていないなんて、考えてもみなかった。知り合いのママさんに「結ちゃんの話が全然出てこない」と指摘された時も、そんなはずはないとスルーしていた。

 

でも実際、久しぶりに会った娘は思っていたよりもずっと小さくて、足もまだおぼつかない。

 

「俺、本当に結のこと、何も見てなかったんだ……!」

 

想像していた娘の姿と、実際に会った娘があまりにも違っていて、自分がいかに娘を見ていなかったかを思い知り、ショックを受けた。

 

続きを読む

結と向き合えていた?夫の答えは……

「僕と帰ってこない妻」第328話

 

「僕と帰ってこない妻」第328話

 

「僕と帰ってこない妻」第328話

 

 

「僕と帰ってこない妻」第328話

 

「僕と帰ってこない妻」第328話

 

「僕と帰ってこない妻」第328話

 

 

「僕と帰ってこない妻」第328話

 

「僕と帰ってこない妻」第328話

 

「僕と帰ってこない妻」第328話

 

「雪穂に嫌われたくない」

「俺はちゃんとやっている」

 

そんな風に自分への評価を気にして、結のことを何も見ていなかった。結のお世話をしていたのは、「自分のため」だった。

雪穂の顔色や体裁ばかり気にして、機嫌をとるための道具にしていたんだ……!

 

「せめて誕生日くらい、結に関心を向けてほしかった……!」

「結の成長を一緒に噛みしめたかった……」

 

妻の言葉を思い出し、胸が苦しくなる。

 

結が生まれてから1年間、俺は今まで仕事終わりに結の様子を聞いたことも、発達を気にかけたことも……全部なかったんだ。

 

大切なはずの家族。なのに、自分のことしか考えていなくて、今までずっと向き合っていなかった。自分は「育児もやっている」と思い込んでいた。でも、結のこと、全然わかってない……。

 

自分自身にショックを受け、一人涙を流す夫。後悔のあと、夫が思うこととは?

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターちなきち

    「結局、一番怖いのは人間だよね」というテーマで、エッセイ漫画を描いています。ベビーカレンダーでは実話「その人って、本当にママ友ですか?」「夫が消えました」を短期連載。

    同じ著者の連載

    同じジャンルの連載

    • 通報
      カズくんが本編でこんなに反省してるのに、
      まだ雪穂さんの悪いところ一生懸命探してる人いて草
      +33 -21
    • 通報
      確かにカズくんはひどいけど、そもそもカズくんの事好きなの?って思ってしまう。
      そんなに好きじゃないから嫌な部分が見えてきた時、 一緒にいたくないわってなるよね。
      +19 -55
    • 通報
      誰かカズくんが涙流すシーンを、かわいい男の子の絵に変えてくれないかな??
      そうでもしないと、もう見ていられない…
      よく大人になれたね…
      +38 -22

  • あわせて読みたい

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    マンガの新着記事

  • PICKUP