「一刻も早く助け出してやりたい!」パニックな環境に身を置く妻子を思うと胸が痛む…夫がとった行動は #僕と帰ってこない妻 345

「僕と帰ってこない妻」第345話。夫婦円満だと思っていた夫と、夫への不満が募り離婚を決意した妻。夫は離婚という現実を突きつけられて初めて、自分が妻子にしてきたひどい言動を後悔した。

関係修復を図るため、夫は育休を取ることを決意し妻子のいる義実家へ向かった。その途中、妻子の住む場所で大地震が発生してしまい……。

空いていたホテルに一人で入った夫。妻は「大丈夫だから」と言っていたけれど、声は震えて、全然「大丈夫」ではないようだった。

 

あのとき、「明日ちゃんと話そう」と約束したのに、俺はまた仕事を優先して会社に行ってしまった。そのせいで、肝心な時に近くにいてあげられなかった……!

 

このまま何もしないなんて絶対ダメだ。

 

「俺も雪穂と結のところへ行こう!」

 

大事なときに、そばにいなかったことを後悔した夫は、今できることを考え、動き出す。

 

続きを読む

一刻も早く助け出したい!夫はある行動に出る

「僕と帰ってこない妻」第345話

 

「僕と帰ってこない妻」第345話

 

「僕と帰ってこない妻」第345話

 

 

「僕と帰ってこない妻」第345話

 

「僕と帰ってこない妻」第345話

 

「僕と帰ってこない妻」第345話

 

 

「僕と帰ってこない妻」第345話

 

「僕と帰ってこない妻」第345話

 

「僕と帰ってこない妻」第345話

 

妻は避難所に行くと言っていたけれど、避難している人たちもみんなパニックになっているだろうし、まして結が一緒なら、なおのこと大変なはずだ。結もきっと、怖がってる……!

 

「一刻も早く助け出してやりたい……!」

 

夫はスマホで、子連れでの被災体験談や避難生活で必要なものなど、さまざまな情報を調べた。

 

そして、叔父さんにある電話をする。

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターちなきち

    「結局、一番怖いのは人間だよね」というテーマで、エッセイ漫画を描いています。ベビーカレンダーでは実話「その人って、本当にママ友ですか?」「夫が消えました」を短期連載。

    同じ著者の連載

    同じジャンルの連載

    • 通報
      避難生活記録読んでからなんで叔父に電話?そのブログにそうやって書いてたんか?いらんやろ叔父の話、それともこの後離婚して叔父と雪穂さんが再婚するくらい話に関わってくる重要人物なんか?
      +9 -34
    • 通報
      ここにきて新キャラ。
      叔父さん何か裕福そう?もしくは海外?
      空いてる部屋貸してとかの相談? 
      +27 -6
    • 通報
      これ地震からさらに話広がっていきそう ですね…叔父さん登場してますし… ついに離婚話完結か…と思えば 地震の話…被災を軽くみているような 漫画、腹立ちました。 もういい加減、グダグダやらずに 終わら… もっと見る
      これ地震からさらに話広がっていきそう
      ですね…叔父さん登場してますし…
      ついに離婚話完結か…と思えば
      地震の話…被災を軽くみているような
      漫画、腹立ちました。

      もういい加減、グダグダやらずに
      終わらせたら良いのではと思います。 
      +169 -22

  • あわせて読みたい

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    マンガの新着記事

  • PICKUP