• 生理が「女性だけ」の、「隠されるべき」話題ではなくなってきている昨今。生理の貧困がニュースになるくらいなのだから、それが「たかが数百円」の問題ではないことを知ってほしい。同じ女性でも生理痛が軽い人や出… もっと見る
    生理が「女性だけ」の、「隠されるべき」話題ではなくなってきている昨今。生理の貧困がニュースになるくらいなのだから、それが「たかが数百円」の問題ではないことを知ってほしい。同じ女性でも生理痛が軽い人や出血量が少ない人から「たかが生理」とか「生理なんて軽い」とか「病気じゃないんだから甘えている」とか聞かれることもある。私も以前、生理痛が酷くて薬を飲んでも効かず動けなかったとき女性上司にキツい言葉を投げかけられたことがあった。どれだけ自己管理していても、周りに迷惑掛けたくないと思っていても、無理なときは無理なんです、本当に。
    悩む人は他の病気と同じように病院だって行くし、必要な生理用品だって「たかが数百円のもの」1つ、1種類で済むわけではない。量や時間帯など状況に合わせて選んだり、肌がかぶれる人はまず肌に合うものを探すところから始まる。
    お父さんもまさか自分の娘が「生理の問題」に直面したことがあるとは思わなかったんだろうし悪気はなかったんだろうけど、自分が経験したことのない辛さを軽んじるのは、ちょっと思慮に欠けていたね。
    中にはお金の使い方に問題があって生理用品を買うお金が無い人もいるだろうけど(超少数派であってほしい……)、本当に必要なのに買うことができない人が安心して生理用品を使って、自分の体や心と向き合うことができるようになったらいいな。
    +58 -13
    返信 0件
  • 通報
    ↓の方はちゃんと記事読んでるのかな? 生理用品だけではなく、生理のために通院してたりそもそもの家庭環境だったり周りの理解不足で買えないって事だと思ったんだけど 乱暴な言い方すれば生活水準下げれば出来る… もっと見る
    ↓の方はちゃんと記事読んでるのかな?
    生理用品だけではなく、生理のために通院してたりそもそもの家庭環境だったり周りの理解不足で買えないって事だと思ったんだけど
    乱暴な言い方すれば生活水準下げれば出来るよって言いたいんだろうけど、なんか上から目線ってゆーか記事と論点が違うってゆーか、、、
    +57 -20
    返信 0件
  • 通報
    生活用品が買えないと生活保護の対象になるけど、どうせ豪遊した結果の貧困でしょ。 手取り11万の医療事務勤務してた時でさえ生理用品なんかで貧困を嘆くなんてしなかったわよ。 しかも遠距離恋愛でデート代出… もっと見る
    生活用品が買えないと生活保護の対象になるけど、どうせ豪遊した結果の貧困でしょ。

    手取り11万の医療事務勤務してた時でさえ生理用品なんかで貧困を嘆くなんてしなかったわよ。
    しかも遠距離恋愛でデート代出してても年間50万の貯金も出来てたからね。

    新卒入職半年で私も具合が悪く見えるからチークを強要されたけど、上司の更に上に相談して化粧をさせるなら給与を上げるか強要しないかどちらかにするよう伝えたら化粧の強要は無くなった。

    スマホだって出先でネットを使わないように節約すればギガ数少ない安い機種で月々の出費は抑えられる。

    この記事の言い分が通用するなら、極端な言い方をすれば下着や服も貧困を言い訳にして買わないのかな?

    女性は生理用品で出費がかさむけど、だからってそれを言い訳に使うのはお門違い。
    男性だって夢精で下着や布団を何度も洗うし、女性より成長が長いから靴や服のサイズ買い替えが多い。
    でもそんな出費は生きている以上仕方のない事。

    そんなに生理の出費くらいで声を荒げるくらい貧困なら、子育も出来ないだろうから子宮を取ってしまえば手っ取り早いよ。

    生理痛が重くてしんどくて何もかも「女で生まれたばかりに」と悲観したくなる気持ちは分かるけど、それでも女として生まれてきたのは私達の細胞のせいなんだから受け入れて生きていくしかないんだよ。
    +25 -151
    返信 4件
    • この方はご自身の計画性もあるかもですが、出来る環境もそろっていたと思います。 自分が住んでいる地域だと一人暮らしで月10万前後(私の周りでよく聞く金額)の家賃があるとその月収では生活できません。また、… もっと見る
      この方はご自身の計画性もあるかもですが、出来る環境もそろっていたと思います。
      自分が住んでいる地域だと一人暮らしで月10万前後(私の周りでよく聞く金額)の家賃があるとその月収では生活できません。また、営業職なので化粧はしますし、出先でネットを使わないなど無理です。
      私は実家暮らしで特にお金に困る事はありませんでしたが、ナプキンの消費量を減らした事があります。(親はちゃんとつける時間など教えてくれ、足りなかったらちゃんと言ってと言われていました)
      出血量は多くはなかったのですが、トイレに行く度捨ててどんどん在庫が無くなっていき、すぐ買い足してお金が減っていくのがなんだかとても虚しく感じ、だったら欲しいものを買うのに使いたいと思ったからです。同じ消耗品の化粧品は使うのも買うのもわくわくし、虚しく思うことはありませんでした。
      今は生理は自分の体からのお手紙と思えるようになり、ナプキンを買う事への虚しさも減りました。
      書かれている方もいらっしゃいますが、ナプキンだけでなく生理でかかってくる費用は他にも沢山あり(生理以外の医療費も)、個人差のある症状、環境、問題(ネグレクトによる知識・資金不足や優先順位など)なので、自分ならできるなどそんな簡単な問題では無いと思います。
      この記事の投稿者様はお父様と身近だけど話す機会が少ない問題をちゃんとお話出来る素敵なご家族だと思いました。
      +6 -1
    • 化粧品が無駄
      +6 -3
    • 仮に生理が重くて婦人科に通ってたら月3000円から10000円強くらいはかかって来ますよね。生理周期もあるでしょうし。更にピルが処方されてて他の身体の不調を整える薬も買ってて、一人暮らしで就職して化粧… もっと見る
      仮に生理が重くて婦人科に通ってたら月3000円から10000円強くらいはかかって来ますよね。生理周期もあるでしょうし。更にピルが処方されてて他の身体の不調を整える薬も買ってて、一人暮らしで就職して化粧品代までかかる事になって、生活費とかさまざまな消耗品を買ってて…どこ削れるかってどうしてもナプキンの消費抑える選択しません?他の生活必需品にお金回さなきゃってなるのは自然だと思いますけど。
      自分の体験談語りするのは勝手ですが、生理には痛みも出血量も周期も日数も個人差あるので自分はこうだったのに他人が出来ないのはおかしいみたいな事触れ回るのはやめた方がいいですよ。
      あと、生理の貧困は何も金銭面でだけではなく、育児放棄されたり、ネグレクトでそもそも親に生理の事言えなくて生理用品使えないとか、サニタリーショーツ買ってもらえないとかも生理の貧困らしいので、論点ズレてますよ。
      +22 -4
    • 金の優先順位が間違ってるのは一理あると思う
      そういうやつに限って脱毛やらで安易にローン組みがち
      +8 -28

あわせて読みたい記事

暮らしの新着記事

PICKUP