え⋯。出産直後、義母からの予想もしない言葉に絶句【ママの体験談】

2019/08/27 14:30
9
初めての赤ちゃんが生まれて喜びいっぱい、だけれど出産のダメージで疲れ切っていたママが、義母からありえない言葉を浴びせられて絶句してしまったエピソードを紹介しています。

新生児とママ

 

第一子の出産時にトラブルがあり、満身創痍の産後を過ごしていた私。出産は命がけということを痛感して、赤ちゃんが生まれた喜びと同時に次の妊娠が怖いと言う気持ちすら芽生えてしまうほど……。しかし疲れ切った私を待ち受けていたのは、義母からの予想もしない言葉でした。

 

産前から予兆はあった

私の夫は2人兄弟の長男。義母は女の子を育てたことがなく、かわいらしいお洋服を着せたり一緒にお出かけしたりすることへの強い憧れがあったようです。

 

結婚後、息子が生まれる前は一緒にお買い物をしたりお茶したり、料理を作るなど楽しい時間を過ごすことができていたので、私自身は義母との関係は良好だと思っていました。今考えると、私のことを娘のように扱ってくれたのかな? と感じます。

 

孫は3人でも4人でも

結婚して間もないうちから、義両親には孫を望まれていました。私と夫が自宅を新築することになったとき、子ども部屋の数を決めるにあたって義両親は「子どもは3人だって4人だっていい」と口にして夫から諌められていたのを覚えています。

 

息子を妊娠したとき、性別が男の子だと報告した際も「女の子となかなか巡り会えないねえ」と言っていたので、次は女の子を望まれるんだろうな、というのは当時から察していました。妊娠、出産が現実のものとなったことで義両親、特に義母から女の子を産むことを望まれている、というプレッシャーが強くなっていたのかもしれません。

 

孫フィーバーからの女の子リクエスト

息子を出産後は、義母にとって初孫である息子を非常にかわいがってくれていて、その点は感謝しています。でも、私は息子を妊娠していたときに妊娠高血圧症候群を発症し、さらに出産の際大量の出血でとても苦しい思いをしたので、第二子の妊娠が怖くなってしまっていました。

 

しかし、出産直後に容赦なく「次は女の子だといいね」の言葉が。私にとっては、「女の子の孫が欲しいからもう一度頑張ってね」というメッセージに感じられたのです。


嫁は妊娠・出産の機械じゃない

私と夫は結婚当初から子どもは2人欲しいねと話し合っていたのですが、息子の出産を経て夫は「君に何かあってはいけないから、子どもはひとりでもいいね」と考えが変わりました。私自身は「もう1人欲しいけれど母体死亡は怖い」という気持ち。

 

それぞれの思いは義母に伝えていましたが、「産んだらなんとかなるから」「大丈夫かもしれないじゃない」と言うばかり。結局孫をかわいがりたい気持ちが1番で、出産によって嫁がどうなろうと気にならないのかな、と感じられる態度でした。

 

 

義母は息子にとってはいいおばあちゃんでいてくれるので、絶縁や距離を取ることは考えていません。しかし、2人目が欲しいけれど自分が死んでしまうかもしれない、それが怖いという気持ちはどうしてもわかってもらえなかった失望感から、自分の本音を話せる間柄ではなくなってしまいました。今後は付かず離れずのちょうどいい距離感で付き合っていこうと思います。

 


著者:木下りん

0歳男児の母。東京と長野を行き来する生活。お出かけ大好きな息子とのお散歩が日課。


  • 私も似たような経験あります。
    第2子の次女が産まれた日、1人で病院に孫の顔を見に来てくれた義父。
    わざわざ来てくれたことを、私は素直に嬉しく思ったのですが…
    次女のプレート(ピンク色)を見て『また女か。じゃあ次は男の子を頼むよ』とだけ言って、すぐ帰っていきました。
    事業をやっているので、跡取りを待ち望んでいたみたいです。
    義父にとって私の存在は、跡取りを産む嫁でしかなかったのだとそこで初めて知りました。
    ショックと、生まれてきてくれた次女に対して申し訳なさとで涙が出ました。

    2019/08/28 17:25

この記事にいいね!しよう

いいね!
9

現在ログインしていません。

ママネタの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ママネタに関するキーワード