どうしてそうなったの? 謎の「義母ルール」が足かせになり…【体験談】

2019/10/16 19:00
4
仕事や外せない用事があるとき、子どもを預かってくれる義家族はとてもありがたい存在。しかし、子どもを預けたらしなければならない「義母ルール」のせいで、なかなか気軽に頼れないママのお話です。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
育児
育児の悩み
体験談
嫁姑問題

義母と孫

 

二世帯住宅で同居している義母は、孫であるわが子をとてもかわいがってくれており、私に用事があるときは、喜んで預かってくれます。しかし、子どもを預けた際に必ずおこなわなければならない謎の「義母ルール」があり、同居していても気軽に預けられないのです……。

 

もっと遊ばせてあげたいけど…

毎日会っているにもかかわらず、義母は孫であるわが子が大好きで、とてもかわいがっています。進級や誕生日など節目には必ずプレゼントをくれて、親なら二の足を踏むような高価なおもちゃでも買ってくれるので、わが子もおばあちゃんが大好き。

 

わが子を預けるときは、義母もわが子もとても喜ぶので、本当ならもっと預かってほしいのです。しかし、“子どもを義母に預けた日は必ず外食をごちそうしなければならない”という謎の義母ルールが足かせになり、なかなかお願いできません……。

 

はっきりそう言われたわけではないけれど…

この義母ルール、面と向かってはっきり言われたわけではありません。気がついたのは、義妹が義母に子どもを預けたとき。

 

普段、義妹は子どもを保育園へ預けて働きに出ているのですが、たまたま日曜日に出勤しなければならないことがあり、義母に義妹宅まで出向いてもらって子どもの面倒を見てもらっていました。

 

その日の夕方、家に帰ってきて怒っている義母。理由を聞くと「『ありがとうございました』ってお礼だけで、夕飯もごちそうしない」とのこと。これが初めてではなく、以前にも何度か託児に出向いていたのですが、いつも義弟(実の息子)と食事をしてから帰ってきていたのだそうです。その日は義弟も残業で帰ってこなかったので、ひとりで帰されたとご立腹でした。


義母にわが子を預けづらい

それまで義母に子どもを預けたことが数回ありましたが、そういえば「疲れたから外で食べようか」と夫が声を掛けて外食したり、テイクアウトで持ち帰ったものを夕食にしたり……ということがたまたま続いていたな、とハッとしました。

 

それが義母の基準になってしまったのか、もともと持っていた常識なのかはわからないのですが、ルールに気がついてしまうと預けるにもお財布と相談になってしまって、なかなか気軽にお願いできないでいます……。

 

 

 

気軽に子どもの面倒をお願いできないことに関しては、せっかく同居なのに……という残念な気持ちもあります。しかし、用事があるときに子どもを預かってもらえるととても助かりますし、そのお礼を表現する手段として“みんなで食事”というのは義母だけでなくわが子も楽しいので、いい方法なのかなと思います。

 


著者:武田沙季子

自身の体験をもとに、妊娠・出産・子育てに関する体験談を中心に執筆している。


  • 記事を拝見しました。
    子どもを預けるのは、タダではないとは思います。
    30分とか1時間とか、ちょっと、という程度ではないのですよね?
    義妹さんはいつもはお食事をごちそうして、それをお礼としていたのですよね。
    わざわざ義妹さんの自宅に足を運び、託児をしてもらっているのですから、それくらい当たり前だと思います。それもなしに「ありがとう」の言葉だけでお食事も出さず帰されたとは、お姑さまの心中を察すると、とても寂しいことだと思います。
    身内にお願いできない家庭は、一時保育やファミサポなどの有料のものを頼るしかないのですよ。そしてそれは、食事代よりも高くつきます。

    著者様の場合はこのお姑様と同居ということですから、他にもお互い様のことがあると思うので義妹さんほどかしこまる必要はないと思います。
    いつも食事の支度はどなたがなさっているのでしょうか。著者様がいつもされているのであれば、子どもを預けて外出したのなら食事の支度はできないですよね、だとしたら一緒に外食と考えれば。
    お姑様が支度をしているのなら、こちらも同じこと。お姑様は孫の世話で家事ができなかった、加えて年齢もあり体力的にも疲れると思います。どちらにしてもお食事を自宅で著者様が作るなり、外食に連れていくなり、とても合理的なお礼の仕方だと思うのですが。

    私は専業主婦ですが、どうしても外出しなくてはならず子どもを預けたいと、別居している姑を頼ったときは、帰宅してから自宅で食事を振る舞いましたよ。それがとても疲れたので、それからは保育園の一時保育に預けています。

    2019/11/12 13:23

この記事にいいね!しよう

いいね!
4

現在ログインしていません。

ママネタの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ママネタに関するキーワード