暮らし 体験談

代謝が落ちて太り始めて始めた●●のバイト。その効果とは…【体験談】

バイトのイメージ

 

40代でフリーライターになり8年あまり、年齢的にも代謝が落ち、太り始めてしまったので運動もかねてバイトを始めました。そのバイトとは飲食店でのホール担当。運動をわざわざ行うのはなかなか続かないけど、仕事となれば必ず動くし、しかもお金も入るから一石二鳥でかなり有効でした。

 

続きを読む

お店選びのポイントは、電車通勤で歩く歩数を稼げる場所にあること

通勤のイメージ

 

フリーライターは仕事量も収入も安定しないので、空いた時間を使って確実に収入になる仕事、しかも仕事中はずっと歩いて体力づくりにもなるということで、40代の後半で初めてやってみようと思ったのが飲食店でのバイトでした。

 

お店を決めるポイントでまず考えたのは、近すぎず遠すぎず、でも電車通勤が必要な場所。電車通勤って決まった分だけ必ず歩くし、階段を上ったり下りたりする機会もできるからいい運動になるんです。

 

10数年前にフルタイムで働いていたとき、運動は全くしていなかったけれど、体重は全然変わらなかったし、体力もありました。やっぱり通勤は大事!ということで電車自体に乗っている時間は12~13分だけど、乗り換えが1回あるので階段の上り下りも含め結構な歩数を稼げる場所のお店を選びました。

 

若者と一緒に飲食店のホールで歩きながら体力づくり

飲食店を選んだのは、立ち仕事で歩く仕事だからです。レジなどの1カ所に立ち続けるほうが私は体力的にきついのではと考え、歩く必要がある飲食店にしたのです。そして、そこそこ混んでいるほうが、時間がたつのも早く感じるだろうと思い、自由が丘のスイーツのお店を選びました。

 

募集要項には「午前中に入れる主婦など歓迎」と書いてあったので応募してみましたが、スイーツ店におばちゃんはどうなの?と実は採用になってから結構悩んでしまいました。そして、シフトに入るようになりわかったのは、なんと私以外のホールのバイトは大学生しかいなかったことでした。自分の子どもと一緒に働くようなものです。

 

でも、もう始めちゃったし開き直るしかない! 若者とおそろいのTシャツにカフェエプロン、帽子を身にまとい、笑顔でスイーツを運びまくりました。実際、若者と働くのは新鮮で若者に負けないように動こうと頑張ることもできました。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。