「え?高齢者並み?」じわじわ体重が増加…きつかったスカートがはけるようになったのは【体験談】

以前とまったく変わらない生活をしているのに、かがんだときにおなかに圧迫されるような違和感が。体もだる~く、重たくなったような気がします。靴下をはくときも、おなかと胸の密着度が増したような……。体重計に乗ってみると、数カ月で500gの増加。ここ数年、じわじわと体重が増えつつあり、それが全部おなかに集まっている様子。そんな私が体重もウエストも減らすことができた方法を紹介します。

この記事の監修者

医師黒田愛美先生

美容・アンチエイジング専門医。トライアスリート。Zetith Beauty Clinic副院長。1979年東京生まれ。2003年獨協医科大学医学部卒業後、東京女子医科大学内分泌乳腺外科に入局。2007年品川美容外科へ入職、2011年品川スキンクリニック新宿院の院長に就任。2013年同クリニック、表参道院院長に就任。その後、予防医学と分子栄養学を改めて学び、美容外科、美容皮膚科、アンチエイジング内科の非常勤医師として複数のクリニックの勤務を経て、現在に至る。著書に『アスリート医師が教える最強のアンチエイジング』(文藝春秋)。
新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
3 クリップ

 

スカートのファスナーまでも壊す勢い

時々はく機会のあったファスナー付きのスカート。なんだかきつくなってきて、ついにファスナーを破壊してしまいました。「これはまずい!」と内心大慌て。また、みんなで撮った写真を見ても、腰周りの肉付きがぽってり。客観的に見ても、体全体のシルエットが大きくなっているのがわかるくらい体形が変わってきました。「このままでは小さいお相撲さんぐらい太っちゃうんじゃないかな……」と恐怖を感じ、その話をジムのインストラクターさんにしてみました。

 

すると、「若いときと同じ食生活と運動量をキープしても、50代が近づくと代謝が落ちて痩せにくくなり、太りやすくなる」という話を聞きました。そこで早速基礎代謝量を計ってみると1,062kcal。「この数値は良いほうなのかな? あまり良くないほうなのかな?」と、ジムのチェックシートで照らし合わせてみて驚がく! なんと同年代と比較しても平均より極端に低く、それどころか50~60代ですら平均1,110kcalですから、高齢者並みの基礎代謝量だったのです!

 

基礎代謝量を上げるべく生活の見直し

どうしたら基礎代謝量が上がるのか、どうしたらぽっこりおなかをへこますことができるのだろうか、ジムのインストラクターさんに相談すると、「まずは食生活の問題点の洗い出しをするように」と言われました。若いときと同じような感覚で間食したり、午後9時以降にもごはんを食べたりしていたので、まずはそれを見直すこと。基本的なことですが、午後8時までの決まった時間にバランスの良い食事をすることが大事とアドバイスをもらいました。

 

そして筋トレで筋肉の量を増やすこと、日常生活で意識的にきびきび動くようにすることでも違ってくると教えてもらいました。がっつり時間をかけて運動できるのは休日のみ。それだけでは足りないので、普段の行動から意識して動けば違ってくるのだなと思いました。

 

きつかったスカートがはけるように!

スカートがはけるイメージ

 

ジムで筋トレをすることはもちろんですが、それと併行してアドバイスをもらった食生活の見直しもおこないました。夜9時以降は食べないこと、毎食必ずサラダを食べることを決めました。それと1日に2回、間食をしていましたが、それを2日で1回にすることに。甘い物が大好きな私にとってはきつい部分もありましたが、お菓子代を節約することで他の趣味にお金を回せるということに気が付き、そう思えば我慢できました。

 

また、日常的にきびきび動くという点については、足や腕の筋肉を使う歩き方を教わりました。だらだら歩かず、意識して足の付け根から動かす、膝を曲げない、階段をエクササイズだと思って積極的に使うように心がけました。それで気が付いたのですが、一生懸命筋肉を使って歩くと少し歩いただけでも足が疲れるのです。足が疲れることで「筋肉を使って歩いているな~」という実感が湧きました。

 

そのおかけで、少しきつかったスカートがまたはけるようになったし、姿勢も良くなり、通りすがりのガラスに映る自分の歩き姿もきれいになったと感じるようになったのです。

 

まとめ

気持ちはまだまだ若いつもりでいました。でも、生活まで若いときと同じ感覚で変えずにいると、知らない間に、至る所にほころびが出てくるのだと知りました。気が付いたときにはすでに遅い! ほんの少しおなかをへこますだけでもずいぶんと時間がかかりました。間食を減らすなど日ごろの節制を積み重ねた結果として、体重は48.5kgから46.8kgに、ウエストは74.5cmから70.8cmになりました。そして基礎代謝量は1,139kcalまでアップ。

 

しかし、30代のころに比べたらまだまだ。ライバルは昔の自分です。今後も食事に気を付けながら運動を続けて、少しずつ体重もウエストも減らしていきたいと思います。

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

 

イラスト/きびのあやとら

 

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!


著者:ねここ

パソコンの新しい機能がなかなか覚えられないとなげきつつ、更年期の体のケアに力を注ぐ毎日。猫とコーヒーが大好き、ライターのお仕事も挑戦中です。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    暮らしの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶